ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

パッキャオvs.サーマンにVADAのドーピング検査なし…スティーブンスupdates!

なんとなんとですが7月20日に行われるWBA世界ウェルター級スーパー王者のキース・サーマンとレギュラー王者のマニー・パッキャオによる今年で今の所最大の試合にはVADAによるランダムのドーピング検査がされないことがアナウンスされました…

f:id:TBT:20190624230030j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はラスベガスで行われることになっておりアンダーカードのIBFスーパーミドル級タイトルマッチに出る王者のカレブ・プラント、チャレンジャーのマイク・リー、ウェルター級のヨルデニス・ウガスやオマール・フィゲロアなども同等の措置かと思われます。

 

ちなみに最もモヤモヤするのがクリアーな理由が全く説明されていないこと。もちろんパッキャオもサーマンもこれまでドーピング検査で陽性になったことは一度もなくこれまではクリーンなファイターとして知られております。

 

しかしパッキャオはすでに40歳。パッキャオは常に検査で潔白を証明してきたもののかつてフロイド・メイウェザーがパッキャオのあまりにも常人を遥かに超えたパフォーマンスにドーピングの疑いをかけてから世間ではパッキャオがドーピングしていることを噂する声は根強いですな。おそらく今回の決定もパッキャオに批判が集まりそう。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてミドル級からスーパーウェルター級に下げてきたコンテンダーのカーティス・スティーブンスさん。ミドル級ではかなりのパンチャーとして知られてましたが8月3日のブルックリンでスーパーウェルター級デビュー戦をするそうです。

 

対戦相手はウェール・オモトソなる相手だそうですな。スティーブンスさんはゲンナジー・ゴロフキンをしてかなり強かったと言わしめた強豪で元王者のハッサン・ヌダン・ヌジカムやデビッド・レミューとも対戦した経験のあるベテランですな。ブルックリンを拠点としておりダニエル・ジェイコブスとは仲良しで同じジムにいるんだったかな。

 

"俺はミドル級とスーパーミドル級で対戦相手をいつもノックアウトしてきたんだ。だから8月3日のショーではスーパーウェルター級でより破壊的な俺が見られるよ。俺はジムとリングに戻れて嬉しいし俺のチームにこの試合を組んでくれてありがとうだね。俺はあまりオモトソのことは知らないんだけど気にしてもないな。だって俺にとって大事なことは破壊的なKOをみんなに見せることだからね。俺のホームタウンであいつをストップするよ。"

 

スティーブンスさんかなり破壊的やけどウェイト心配かも。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com