ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

これはスーパーな試合になるのではないか…?アンソニー・ディレルvs.デビッド・ベナビデス予想

こんにちは管理人です。

今日は2019年9月に行われる予定のWBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ

王者アンソニー・ディレルvs.デビッド・ベナビデスの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190620202700j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はディレルの初防衛戦ですね!

 

 

両者の紹介

 

アンソニー・ディレルについて

ディレルは1984年生まれの34歳。アメリカのミシガン州フリントの生まれでお兄さんのアンドレ・ディレルはアテネオリンピック銅メダリストで元IBF暫定王者ですね。

 

ここまでの戦績は33勝24KO1敗1引き分け。戦績が示す通りの強打者で高い身体能力を誇り切れ味鋭いパンチのコンビネーションが持ち味。試合後には前方宙返りするなど運動神経抜群ですね!

 

ここまでのキャリアでは2013年にWBC王者だったタフなカメルーン人のサキオ・ビカと対戦して5ラウンドにダウンを奪ったもののドロー。しかし再戦ではビカのローブローによる減点もあり判定勝ちしてタイトルを無敗で獲得します。

 

そして初防衛戦ではスウェーデンのバドゥ・ジャックと対戦。ジャックの前に出てきての接近戦に苦しめられて後半に突き放されての判定負け。この時は初防衛ができませんでしたね。

 

その後は半年に一回程度のペースでマルコ・アントニオ・ルビオにシャットアウトの判定勝ち、後にIBF王者となるカレブ・トゥルーアックスを初回KOと立て直してきます。

 

そして前回の試合ではWBSSトーナメントに出場したアブニ・イルディリムと地元でベナビデスの休養王者認定により正規王座の王座決定戦。イルディリムの接近戦に大いに苦しめられたものの10ラウンド自身のカットによる負傷判定で僅差判定をものにして二度目の戴冠を果たしましたな。

 

選手としての特徴はオーソドックスとサウスポーにスイッチしてロングレンジから中間距離で切れ味鋭いコンビネーションを放つタイプ。彼のハンドスピードはおそらく階級でも屈指ですね。

 

しかし打ち終わりに同じ場所にいることが多いこととフットワークがあまり使えないためアウトボクサーながら間合いを詰められて苦手な接近戦に持ち込まれることも大いにありますな。

www.boxsharpjab.com

 

 

デビッド・ベナビデスについて

ベナビデスは1996年生まれの22才。アメリカのアリゾナ州フェニックス生まれで20歳にして世界タイトルを獲得したスーパーミドル級史上最年少王者です。

 

ここまでの戦績は21勝18KO無敗。身長は187センチとこのクラスでは高く、リーチは196センチとかなり恵まれた体格から放つ右の強打が持ち味ですな。ちなみにお兄さんは元WBAスーパーライト級暫定王者のホセ・ベナビデスです。

 

これまでのキャリアでは持ち前の強打でKOを量産。世界戦まで1試合を除いて全てKO勝ちしてきておりましたが世界挑戦の時点ではかなり経験不足と言われておりました。

 

そして世界挑戦は2年前にメイウェザープロモーションズ所属のロナルド・ガブリルとバドゥ・ジャックの返上による王座決定戦。ベテランのガブリルの接近戦と手数に大苦戦して12ラウンドにダウンを奪われましたが僅差判定で逃げ切りましたな。

 

しかしこの試合ではかなり大きな議論を呼んでダイレクトリマッチ。リマッチではベナビデスがしっかり手数を増やして間合いを取り大差の判定で下しましたな。

 

しかしこの後プロモーターとの軋轢や試合前にドーピング検査の陽性反応がありキャリアが停滞。WBCが温情を見せただタイトル剥奪とはならず休養王者となりましたが1年の時が経ちましたな。

 

そして今年の3月にテキサス州ダラスで行われたエロール・スペンス部家マイキー・ガルシアの前座にて復帰。ジェイ・レオンてラブをKOして再起を果たしましたな。

 

選手としての特徴はオーソドックスの構えから長いワンツーと左右フックを出してくるロングレンジを得意とするパンチャー。特に打ち下ろしの右が強烈で背の低い相手に放つ左ボディも痛烈です。

 

ガードの反応や打ち終わりにカウンターを合わせる技術などはあまりないものの力で相手を制することができるほどのパワーがあります。ディレルもロングレンジから中間距離を得意とするので激しい打ち合いになりそう。

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想だがベナビデスの判定勝ちでいきたいと思う!!

 

正直この試合はマジでわからない。多分見栄えのいいショットをより当てられるのはディレル。でも相手にダメージを与えられるのはベナビデス。甲乙つけがたい試合になると思う。

 

どちらもパンチが当たる選手でお互いのパンチが当たる間合いにいると思う。ベナビデスの方がより間合いが長いが身体能力ではディレルの方が数段上だし激しい打ち合いになるだろうな。

 

その中でもベナビデスのパンチは重い。ディレルのパンチは切れ味があるしベナビデスに当たるだろうけどベナビデスは打たれても強いしパンチを受けた時のリアクションでベナビデスが有利かな。

 

スーパーミドル級はあまり注目されてない階級だけど多分WBCタイトルが1番穴になる。WBAのカラムはめちゃくちゃ強いしIBFのプラントはやりにくさ満点。WBOのサンダースなんて誰がやりたいんだよっていうくらいやりにくい。

 

ベナビデスはまだ若いしここではまだ勝ってもらいたいし次のスーパースターとしてまずはタイトルを再獲得して欲しい。この試合の勝者はイルディリムとやるけどイルディリムになら多分勝てるし。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com