ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

バンクス"より長いキャンプができたらカネロ相手にゴロフキンは違って見えるよ"updates!

元ミドル級キングのゲンナジー・ゴロフキンさんの新たなトレーナーとなった元ヘビー級コンテンダーのジョナサン・バンクスさん。もしもゴロフキンと長いトレーニングキャンプができたらカネロとの3戦目では違うゴロフキンが見られるとしています。

f:id:TBT:20190618224230j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ゴロフキンはカネロとこれまで2度対戦しており1敗1引き分け。初めの試合では多くの方がゴロフキンの勝ちを推したもののまさかのドロー。カネロは負けに等しい内容でしたが後半チャージしてきましたな。

 

そして2戦目の前にはカネロがドーピング検査で陽性となりまさかのご破算。しかしながらメキシコの汚染牛が原因だというよくわからんことを言い出して無罪放免に…ゴロフキンはマーティロスヤンと対戦して2ラウンドKO勝ち。鬱憤を晴らしましたな。

 

そして迎えた昨年9月の2戦目ではカネロが判定勝ち。ゴロフキンが後半に猛チャージしてきたもののカネロは序盤ボディブローを効かせて確かに渡り合ってましたが個人的にはドローと見ましたな。そしてこの試合の判定も多くの議論を呼んでおりゴロフキンが負けたのはこの試合のみ。多くのファンの間では実質無敗とされています。

www.boxsharpjab.com

 

 

"俺が思うのはもしもロールズとの試合がカネロとの試合だったらより長いトレーニングキャンプをしてたってことだな。より長いキャンプがあったら俺たちがともにトレーニングすることでの変化や進化をより見られたと思う。でもロールズ戦のスタートは良かったよ。まずはベースがいるからね。成功するためにはまずしっかりとした土台が必要なんだ。トレーニングキャンプは全てがグレートだったけど俺にはいつも試合で求めてるものがあるんだ。俺はゴロフキンにも他のファイターにもあんなに短いキャンプだけで教えたことが全てできるなんて思わない。どんなに対戦相手に合わせようとしても少しのズレは必ず起きるからね。ロールズはリングに立ってる間ゴロフキンのことを嫌な感じで捉えてたよ。だって俺はゴロフキンにジャブを打ってリズムをつかんで欲しかったからね。でも体が温まってきたらリズムに乗ってたね。ジャブも当ててたしいいショットを当ててたよ。彼に触ることがゴールだったんだ。はじめのうちからホームランを当てる必要はないよ。まずは相手に触って少しずつ弱らせていくことがゴールだったんだ。そしてそのことができたと感じてるよ。"

 

ゴロフキンとバンクスはなんかうまくいきそうな気がするな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)


www.boxsharpjab.com