ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

アラム"まだ次でクロフォードvs.スペンスの可能性はあるよ"ヒメネスupdates!

WBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォードさん。IBF王者のエロール・スペンスとのウェルター級最強決定戦が期待されておりますがプラットフォームの違いから実現は難しいですな。

f:id:TBT:20190614114717j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

しかしクロフォードのプロモーターであるボブ・アラムはクロフォードの次戦でスペンスとの統一戦を実現することは可能だと楽観的な見方を示しております。

 

"クロフォードの次戦の予定は秋だよ。そして俺たちはまだみんなが見たいと思ってるクロフォードとスペンスの試合を作れることに期待してるんだ。スペンスがその試合を望んでることはわかってるし俺たちも試合を実現したい。もしもダメならその時は俺たちはクロフォードの前に使えるウェルター級でベストなやつを連れてくるよ。でも間違いなくクロフォードは秋に試合をするよ。スペンスは多分次でポーターとやらないんじゃないかな?だってその試合をするならもうアナウンスされてるだろ?多分スペンスが誰も買わないその試合をPPVでやりたがってるから実現できないんだろうな。スペンスが欲しがってる金をもらえるのはクロフォードとだけだよ。"

 

クロフォードとスペンスは後2年後ぐらいかなぁ。そんな気がする。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてWBAスーパーフライ級タイトルマッチのカル・ヤファイvs.ノルベルト・ヒメネスの試合は6月末のWBO世界ミドル級タイトルマッチであるデメトリアス・アンドラーデvs.マシエジュ・スレッキの前座に組み込まれることとなりましたな。

 

ヤファイはここまで無敗のイギリス人でこれが2度目のアメリカでの試合。打ち終わりに常にサイドに動き回る厄介な相手で運動量も多いし離れても接近しても手数の多いやりにくい相手ですな。

 

ヒメネスはかつて日本にて河野公平の持っていたWBAスーパーフライ級タイトルに挑戦した曲者。相手とロングレンジを保っては思い切りワンツーや左右フックを振り回してくるためかなりやりにくい中南米の選手特有のタイプ。後半のスタミナには少し難がありますがヤファイとの試合は噛み合いそうですな。

 

"俺は日本で初めての世界挑戦をドローで終えてるんだけどそこからかなり長い間このチャンスを待っていたよ。そして今言っておきたいんだけどドミニカ共和国は試合の当日また世界王者が増えることになるよ。そしてそいつの名前はノルベルト・ヒメネスだ。"

 

ヒメネス意外と厄介やな。多分場所に関係なく力出してくるからな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com