ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ルイスさんメキシコでヒーローになる…カンボサスupdates!

先日ニューヨークにてアンソニー・ジョシュアを4度ダウンさせて見事にメキシカン初のヘビー級王者に輝いたアンディ・ルイスさん。メキシコにてヒーローの歓迎を受けております。

f:id:TBT:20190612080344j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ルイスはジャレル・ミラーのドーピング検査陽性により代役として1ヶ月前に試合を受けたリプレイスメント。3ラウンドにダウンを奪われたものの射程距離に入ってきたジョシュアを見逃さず3ラウンドと7ラウンドに2度ずつダウンを奪ってストップしましたな。

 

"俺は1人でメキシコのホワイトハウスに招待されることになってるんだ。俺はメキシコシティで俺のタイトルを防衛したいなと是非思ってるよ。きっとメキシコで試合をするなら歴史的な試合になる。ボックス・アステカはこれまでにヘビー級のボクシングを仲介したことはないはずだからね。"

 

ルイスさんはかつてニュージーランドでジョセフ・パーカーと空位のWBOタイトルを争って僅差判定負け。パーカーはジョシュアにシャットアウトの判定負けで敗れておりルイスはジョシュア相手にかなりのアンダードッグで僕も勝てないだろうなと思ってたけどここぞのチャンスを逃さない嗅覚はかなり見上げたものであったと言えますな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてライト級コンテンダーで先日ギリシャにてリチャード・ペナを下したジョージ・カンボサス・ジュニアさん。IBFライト級5位のマニー・パッキャオのスパーリングパートナーは元2階級制覇王者のホセ・ペドラサとの対戦を希望しております。

 

カンボサスはギリシャ系オーストラリア人でここまで無敗。今回の試合では6ラウンドKO勝ちを収めており今後は世界だと息巻きながらもまずはペドラサを倒したいようです。

 

ちなみに今のIBFランキングは王者がリチャード・コミーで6月末にレイムンド・ベルトランとの初防衛戦。指名挑戦者にはテオフィモ・ロペスと中谷正義が争うこととなっておりますな。

 

ライト級はかなりスタックでWBA.WBOタイトルはロマチェンコ、WBCタイトルはロマチェンコとキャンベルの間で争われることとなっております。以下はプロモーターのルー・ディベラさんのコメントです。

 

"ジョージは世界王者になるだけの素質があることを示してくれたしまたチャンスを与えたいと思う。彼のことを誇りに思ってるよ。とてもハードにトレーニングしてるし彼には抜かりがないね。"

 

ライト級はすげぇ階級やしリナレスも来る可能性があるからな…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com