ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

コバレフvs.ヤルデの入札が6月24日に延期…モロニーupdates!

WBO世界ライトヘビー級タイトルマッチとなる王者のセルゲイ・コバレフと指名挑戦者のアンソニー・ヤルデの試合の入札は6月24日に延期となることがアナウンスされましたな。

f:id:TBT:20190612165910j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この入札は火曜日に行われる予定だったもののヤルデ側のプロモーターであるフランク・ウォーレンが延期を希望したとのことです。

 

両者はそもそも6月末にコバレフの地元であるロシアで対戦する予定だったもののコバレフが延期にしておりヤルデ側は待ちの状態。ヤルデはサインしておりプラットフォームも決まっていたことからかなり困惑しておりましたな。以下はWBOチャンピオンシップ委員会のルイス・バティスタさんのコメントです。

 

"クイーンズベリープロモーションズに代わって入札の延期がメインイベント社に申し込まれたことをアナウンスする。このことによってチャンピオンシップ委員会は14日間の延期を認め両陣営の合意を促進する。"

 

今回の延期の理由は定かではありませんがそもそもコバレフ側が6月末の試合に関して合意に達してから何もしてないことにかなり違和感。昨年ビッグベアーで女性に暴行したコバレフの裁判もあったようだし問題有りかな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてバンタム級コンテンダーのジェイソン・モロニーさん。6月15日に弟のWBAスーパーフライ級指名挑戦者のアンドリュー・モロニーとダブルメインを張る予定でしたが対戦相手が直前で変わったそうです。

 

メキシコのセサール・ラミレスさんと対戦するはずだったジェイソンは代わりにタンザニアのファスティニ・ムレマと対戦することになりましたな。

 

モロニーは昨年WBSSトーナメントに参戦してIBFバンタム級王者だったエマヌエル・ロドリゲスに指名挑戦者として挑戦。接近戦に持ち込んであわやというところまで追い込みましたが2-1の僅差判定はアメリカのフロリダでホームとも言えるロドリゲスに流れましたな。

 

"こういうことは起こるものだ。プロモーターのトニー・トルジには相手が決まらなくて眠れなかった俺のために働いてくれてありがとうと言いたい。ムレマは俺をテストにしてくるよ。俺はいつもどんな状況にいたとしても対応できるように準備してる。たしかに俺はこの間までラミレスと試合をするつもりで備えていたけどプロフェッショナルなんだからこういう時にも対応しないとね。"

 

モロニーは井上尚弥とドネアの後にWBAレギュラータイトル決定戦かな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com