ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

スチュワーツ"ルイスよりシュメリングに感銘を受けてるよ"カンボサス・ジュニアupdates!

今週末ラスベガスにてタイソン・フューリーと拳を交えるトム・スチュワーツさん。フューリーは無敗の元統一王者であり大きなアンダードッグですがアップセットを期しています。

f:id:TBT:20190611081149j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

スチュワーツはドイツ人で先日のアンディ・ルイスのアンソニー・ジョシュアを下した番狂わせよりも母国の英雄と言われるオールドタイマーのマックス・シュメリングに感銘を受けてると話しています。

 

"俺は時々フューリーの試合をずっと見てきたんだ。彼はあんなにもサイズが大きい割にはよく動くしボクシングがうまいよね。でも大切なことは俺にも大きなサイズがあって俺も世界を驚かせるということだ。1986年にマックス・シュメリングがジョー・ルイスにしたように世界にショックを与えるんだ。フューリーが俺に負けたら引退するとか言ってるけどそれは本当なのか俺にはわからないことだよ。彼の言うことに意味があるのかよくわからないからね。でも俺がフューリーに負けたら多分俺も引退するだろうな。だってヘビー級のベストと対戦できるなんて2度とないだろうし、彼に勝つことほど大事なことはないからね。"

 

スチュワーツさん意外と動けるからな笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてライト級無敗のプロスペクトでマニー・パッキャオのスパーリングパートナーを務めた経験のあるジョージ・カンボサス・ジュニアさん。6月7日にハードヒッターのリチャード・ペナと対戦することをアナウンスしましたな。

 

カンボサスはIBFで5位にランクされておりディベラ・エンターテイメント所属の選手。かねてから世界を嘱望されるオーストラリアンですな。

 

ちなみにIBFライト級は王者のリチャード・コミーが6月末にレイムンド・ベルトランと初防衛戦。さらに指名挑戦者決定戦としてテオフィモ・ロペスと中谷正義の試合も決まっておりこの勝者同士が激突して勝った方がロマチェンコと対戦の流れっぽいかな。

 

"ギリシャにはかなり長い歴史があるしボクシングが始まった土地とも言われてるよね。だから俺のようなワールドクラスのファイターが満員のスタジアムでボクシングのショーができることが楽しみだよ。フロリダのキャンプでハードにトレーニングしてきたよ。俺のヘッドコーチのハビエロ・センテノもギリシャで試合ができることにエキサイトしてる。俺が真の男だということを見せるよ。"

 

カンボサスはかなり評判高くて空位になるであろうIBFタイトル来年かな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com