ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ジュダーさん回復して退院…リー・マクレガーupdates!

先日名誉の殿堂入りのこけら落としでクレタス・セルディンに一方的な11ラウンドTKO負けで敗れてしまったザブ・ジュダーさん。試合後に頭を強く打ち入院してしまいましたが回復したとのことで退院したニュースが入ってきました。

f:id:TBT:20190611071908j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ジュダーは41歳のやんちゃボーイでニューヨーク出身のスター。スーパーライト級とウェルター級でタイトルを獲得しておりその天才的な踏み込みの速さとスピードでかのフロイド・メイウェザー・ジュニアをも苦戦させるなどかなり有名なファイターですな。

 

これまでのキャリアではIBF暫定スーパーライト級王座を獲得して正規王者に昇格。後に王者となるジュニア・ウィッターや世界王者になる前は激闘王のミッキー・ウォードを下しておりましたがコスタヤ・チューに敗退。

 

さらにWBO王者のデマーカス・コーリーに僅差判定勝ちして返り咲くとウェルター級ではコリー・スピンクスに敗れながらリマッチで強烈なTKO勝ちを収めて統一タイトルを獲得。しかしカルロス・バルドミールとメイウェザーに敗れてタイトルを失いその後はスーパーライト級でIBFタイトルを獲得しましたがアミール・カーンとダニー・ガルシアに負けてますな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてバンタム級プロスペクトのリー・マクレガーさん。6月22日に保持しているコモンウェルス王座をスコット・アレン相手に防衛することをアナウンスしました。

 

この試合はトップランクがプロモートしているそうでアメリカではESPNが全米に中継。マクレガーは英国バンタム級王者のウカシール・ファルークとの統一戦を目指しており負けられない試合となりますな。

 

英国のバンタム級は近年かなり活気付いておりIBFタイトルだとリー・ハスキンス、スチュワート・ホールらの技巧派とWBAタイトルを絡めるとジェイミー・マクドネル、ライアン・バーネットらなどかなり優秀な選手が出てきておりイギリスは軽量級にもタレント揃いですな。

 

"俺のコモンウェルス王座を防衛する試合をESPNでメインのカードでやれるなんてまさに夢が叶ったような気分だな。MTKグローバルがスコットランドのボクシングにしてることは信じられないようなものだしスコットランドだけではなくて世界中にそのイベントは拡大してるよ。俺とMTKグローバルの関係性はこれからもトップに向かうゴールに向けて1つになるよ。"

 

イギリスのバンタム級は強いよなぁ…いい選手が多い。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com