ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ロールズ"ジョシュア vs.ロールズの前でもゴロフキンに勝てると思ってたよ"トム・ブラウンupdates!

明日ゲンナジー・ゴロフキンとのDAZNデビュー戦を戦うスティーブ・ロールズさん。先日同じマディソン・スクエア・ガーデンのリングでアンディ・ルイスがアンソニー・ジョシュアを破る大金星を挙げましたがその前からゴロフキンに勝てる自信があったと話しています。

f:id:TBT:20190608111034j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ロールズはここまで無敗ではあるものの全くの無名。ゴロフキンは元ミドル級統一王者でキングであったため大きなアンダードッグとしてみられております。

 

"俺は間違いなくアップセットを起こせる自信があるんだ。俺はグレートなトレーニングキャンプを送ってきたしこのようなチャンスを待っていたんだ。ルイスとジョシュアの試合の前から俺が勝てることはわかってた。でもあの試合を見たときに少しモチベーションが上がったのは事実だよ。でもあの試合の前から俺は勝てる能力があることはわかってた。それが土曜の夜に俺がやりたいと思うことなんだ。もしもゴロフキンが前回の試合で痛烈にKOされてたらその残像はあるかもしれないね。でもゴロフキンはカネロとどちらが勝ってもおかしくない試合だったから負けが影響するとは思えない。"

 

まぁゴロフキンのことは心配してないかな。鬼打たれ強いしな。

www.boxsharpjab.com

 

 

7月13日にアメリカのカリフォルニアで予定されているWBC世界スーパーバンタム級王座統一戦である正規王者のレイ・バルガス vs.暫定王者の亀田和毅の一戦が正式にアナウンスされましたな。

 

バルガスは昨年の防衛戦で拳を負傷して手術へ。今年の2月にフランクリン・マンザニラと復帰戦を行なって2ラウンドに痛烈なダウンを奪われたものの判定勝ち。世界王者となってからはやたらと苦戦が続いておりますがしぶとく防衛をしておりますな。

 

亀田和毅はバルガスの離脱を受けて昨年アビゲイル・メディナと決定戦。判定勝ちしてWBO世界バンタム級に続く世界タイトルを獲得して2階級制覇を達成。亀田三兄弟で最も才能のある男とされてる末弟ですな。以下はTGBプロモーションズのトム・ブラウンのコメントです。

 

"亀田は元王者でメキシコとアメリカと日本で大きなステージで試合をしてきた。また世界王者になるための準備はできてるよ。まだ亀田は27歳だけどプロとして多くのことを成し遂げてきた。レイ・バルガスがまだ受けたこともないようなチャレンジを与えるだろうしグレートな試合になるよ。"

 

亀田のスピードとインサイドの動きなら勝てると思うけどな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com