ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ホプキンスさんアトランティックシティの殿堂入りへ…updates!

元ミドル級4団体統一王者で元ライトヘビー級統一王笏のバーナード・ホプキンスさん。ニュージャージー州のアトランティックシティの名誉の殿堂入りに選出されたそうです。

f:id:TBT:20190608222419j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ホプキンスは選手としてロイ・ジョーンズ・ジュニアとIBFミドル級タイトルを争って判定負け。しかしジョーンズが返上したタイトルを掴んで20度以上もの防衛に成功するとグレン・ジョンソン、ウィリアム・ジョッピー、キース・ホームズらを破って防衛。

 

さらに当時無敗の3階級制覇王者でプエルトリコのスーパースターのフェリックス・トリニダードをKO。6階級制覇王者のオスカー・デラホーヤをボディでKOして4団体統一に史上初めて成功しましたな。

 

ジャーメイン・テイラーに敗れて王座を追われた後はノンタイトルマッチを繰り返した後ライトヘビー級進出。ジャン・パスカル、ベイブット・シュメノフ、タボリス・クラウドらを破ってWBCタイトルとWBA.IBFタイトルを獲得。WBCタイトルはチャド・ドーソンに奪われてWBA.IBF王座はセルゲイ・コバレフとの統一戦に敗れて失いましたな。

 

ホプキンスはコバレフに敗れた当時49歳。もちろん最年長王者記録の保持者でありジョー・スミス・ジュニアにキャリア初のKO負けを喫したキャリアの幕を閉じましたな。

www.boxsharpjab.com

 

 

"俺はアトランティックシティで俺のキャリア初めての試合を行ってるんだよ。だからアトランティックシティに名誉の殿堂入りをさせてもらえて心から感激しているんだ。俺が初めて試合をしたのはクリントン・ミッチェルってやつだったかな。彼は当時ゴールデングローブでとても注目されてるようなアマチュアのスター選手だったんだ。俺はあの夜判定で負けてあの敗北から多くのことを学んだことを覚えてるよ。あの試合では多くのことを学んだね。俺のレコードを見てもらえたら俺が2年間ぐらいでボクシングから離れようとしてたってわかると思う。多くの人はそこからカムバックしないんだ。でも俺はボクシングで成功するのか死ぬのかどちらかだって決めたんだよ。そこから俺は全てが変わって多くの試合をアトランティックシティでやらせてもらえたな。だから俺はこのポジションまで来れて本当に嬉しいし光栄に思ってるんだよ。だってアトランティックシティが俺の旅路が始まったところなんだからね。"

 

ホプキンスのキャリアは他の誰もできないようなキャリアですよねぇ。カッコいいです。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com