ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

バルデス"サンチェスは若く、ハングリーで俺のタイトルを何としても欲しがってる"ディエゴ・デラホーヤupdates!

明日ラスベガスでジェイソン・サンチェスとの防衛戦を控えているWBO世界フェザー級王者のオスカー・バルデスさん。サンチェスは若くハングリーだと警戒しております。

f:id:TBT:20190608112857j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

"俺は誰のことも甘く見たりなんてしないけど特に彼のように無敗で俺のタイトルを勝ち取ることしか考えてない奴には甘く見たりしない。サンチェスは若くハングリーで何がなんでも俺のタイトルを勝ち取ろうとしてきてるからね。世界王者でいるということは大きな責任が伴うんだ。よりハードにトレーニングしないとならないしね。俺はただのオスカー・バルデスではなくて世界王者のオスカー・バルデスなんだ。俺は階級のベストの名前を呼んでるしメンタルもフィジカルも用意してないとならない。サンチェスがリングでしてくることはよく分かってる。開始からフルスピードで前にくるようなファイターだよね。彼は全てのボクサーが叶えたい夢を叶えるために来てるんだ。無敗のファイターとやるのは1番難しいことなんだよ。俺は彼のことなんて甘く見てないよ。フランプトンとかとの対戦の噂があるのは知ってるけどね。"

 

バルデスとフランプトンを早くやって欲しいなと思いますな。この試合には楽勝してな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてオスカー・デラホーヤの甥っ子のディエゴ・デラホーヤさん。7月13日にアメリカのカリフォルニアで行われるレイ・バルガス vs.亀田和毅のアンダーカードでロニー・リオスとWBAフェザー級暫定王座決定戦を行いますな。

 

ディエゴはスーパーバンタム級でキャリアを送っていたものの昨年減量に失敗して入院するなどかなり危ういプロ意識。そのことを反省してフェザー級にウェイトを上げてきておりこれまでのキャリアで元IBFバンタム級王者のロイネット・カバジェロを下しておりますな。

 

ロニー・リオスはレイ・バルガスの持つWBCスーパーバンタム級タイトルに挑んで善戦した末に判定負け。今回が2度目の世界挑戦となりウェイトをあげてくることになりましたな。以下はデラホーヤのコメントです。

 

"俺のスキルをみんなの前で見せるこのグレートなチャンスにエキサイトしているよ。俺の初めての世界タイトル戦になるしみんなが忘れらない試合にして見せる。ロニー・リオスはタフなファイターだけどこのような試合が俺にモチベーションをくれる。間違いなく7月13日には俺がかつよ。"

 

デラホーヤさんオスカーと違って迫力がないからスターは無理かな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com