ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ハーン"ジョシュアは3ラウンドの後混乱してた。レフェリーが止めてくれて良かったよ"ロニー・リオスupdates!

先日アンディ・ルイスに7ラウンドTKO負けを喫してまさかの初黒星を喫してしまったアンソニー・ジョシュアさん。プロモーターのエディ・ハーンがジョシュアは3ラウンドの後混乱していたと話しています。

f:id:TBT:20190608113729j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ジョシュアはルイスから3ラウンドにダウンを奪ったもののルイスのカウンターを浴びて2度ダウン。その後はジャブをアウトサイドからついていたものの7ラウンドにまたも間合いを詰めるとお返しをもらって2度ダウン。ストップされてしまいましたな。

 

"ジョシュアは3ラウンドの後のことは本当に何も覚えていなかった。事実としては4ラウンド以降は立て直していたからポジティブなことを話していたみたいなんだけどね。だけどジョシュアは意識がなかったみたいだね。レフェリーのストップは100%正しい判断だった。俺はあの瞬間をリングの近くで見ていたんだけどジョシュアはレフェリーに立ち上がった後続行できるかと聞かれてイエスと答えたんだ。それからジョシュアに歩いてみろって言うとジョシュアはロープに手を置いてそこから動かなかった。俺はあのストップがかかって嬉しかったよ。"

 

あれは止められても仕方ないですよね。ハーンの話も信憑性無いけど。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてオスカー・デラホーヤの甥っ子のディエゴ・デラホーヤさん。7月13日にアメリカのカリフォルニアで行われるレイ・バルガス vs.亀田和毅のアンダーカードでロニー・リオスとWBAフェザー級暫定王座決定戦を行いますな。

 

ディエゴはスーパーバンタム級でキャリアを送っていたものの昨年減量に失敗して入院するなどかなり危ういプロ意識。そのことを反省してフェザー級にウェイトを上げてきておりこれまでのキャリアで元IBFバンタム級王者のロイネット・カバジェロを下しておりますな。

 

ロニー・リオスはレイ・バルガスの持つWBCスーパーバンタム級タイトルに挑んで善戦した末に判定負け。今回が2度目の世界挑戦となりウェイトをあげてくることになりましたな。以下はリオスのコメントです。

 

"まずはゴールデンボーイプロモーションとDAZNにこのチャンスをくれてありがとうと伝えたい。次に俺のチームに俺の試合の準備をしてくれて感謝したいと思う。モチベーションも高いし集中してるよ。そしてディエゴ・デラホーヤにも俺との試合を受けてくれてありがとうと伝えたいな。"

 

デラホーヤとリオスならリオスのガードの甘さがかなりのキーになるな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com