ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

フィゲロア弟見栄えの良い防衛へ…ブランドン・フィゲロア vs.ハビエル・チャコン予想

こんにちは管理人です。

今日は2019年8月24日に行われるWBA世界スーパーバンタム級暫定王座タイトルマッチ

王者ブランドン・フィゲロア vs.ハビエル・チャコンの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190607222842j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はフィゲロアの初防衛戦ですね!

 

 

両者の紹介

 

ブランドン・フィゲロアについて

フィゲロアは1996年生まれの22歳。アメリカのテキサス州生まれの在住で兄は元WBCライト級王者で無敗のオマール・フィゲロア。現在はウェルター級コンテンダーですな。

 

ここまでのレコードは19勝14KO無敗。身長175センチのリーチは183センチとこのクラスでは破格の長身を誇りガンガン前に出てきて押し込んでくるフィジカルファイターですね!

 

これまでのキャリアでは元WBCフェザー級暫定王者で2階級制覇王者のオスカー・エスカンドン元WBAスーパーバンタム級暫定王者のモイセス・フローレスをKO。地域タイトルは獲得してませんな。

 

前回の試合では元WBAバンタム級暫定王者のヨンフレス・パレホと対戦して8ラウンド棄権によるTKO勝ち。暫定王座を獲得しておりパレホは8ラウンド終了後にもうやりたくないと心が折れてましたな。

 

選手としての特徴はジリジリ間合いを詰めて左右のワンツーを放っては体ごとを押し込んでくるフィジカルファイター。思い切り肩を押し付けてきてボディをねじ込んでくる嫌なファイターで相手の心を折りにくるタイプです。

 

さらにスイッチを繰り返すタイプでもありサウスポーでも対応可能。接近戦では左右アッパーを繰り出してきて相手を追いかけ回してくる対戦したくないタイプナンバーワンとも言えますね!

www.boxsharpjab.com

 

 

ハビエル・チャコンについて

チャコンは1981年生まれの38歳とベテラン。アルゼンチン生まれで現在もアルゼンチンを主戦場としてますがアメリカやアフリカ、イギリスなど世界を股にかけて試合をしてきてますな。

 

ここまでのレコードは29勝9KO4敗1引き分け。4敗のうち3敗はアンセルモ・モレノ、ジェイミー・マクドネルの持つWBAバンタム級タイトルに挑んだ試合でもう1つは元WBOスーパーバンタム級王者のアイザック・ドグボエにKOされたものですな。

 

今回が3度目の世界挑戦となるチャコンはWBCラティノ王座、南アメリカ王座、アルゼンチン王座を獲得しておりキャリアのスタートはフライ級から。かなり経験という点では豊富ですな。

 

選手としての特徴はやりにくいタイプ。この一言に尽きる選手でガードを上げてジリジリと前進してもパンチをあまり放ちません。しかし相手の打ち終わりに左右フックやジャブを返してくるカウンターパンチャーですな。

 

基本的に試合の後半からアウトプットを増やしてくるのですが相手と間合いがあることが前提のスタイルなのでフィゲロアとの相性は多分最悪。体格差もかなりありめちゃくちゃ厳しい試合になると思う。

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想だがフィゲロアの4ラウンドKO勝ちで行きたいと思う!!

 

多分フィゲロアがチャコンに圧勝することになる。2人の体格差、スタイルの相性、パワー、回転力と全てを総合して考えるとチャコンが勝てる材料が見当たらない。

 

チャコンのジャブとワンツーではフィゲロアは止まらないだろうしフィゲロアは打ち終わりに思い切り肩を押し付けてくるのでチャコンのカウンターは多分当たらない。

 

そう考えるとフィゲロアの独壇場になる可能性が極めて高い。フィゲロアは何食わぬ顔で間合いを詰めて押し込んでいくだろうし多分楽な試合になる。チャコンはまっすぐ下がるので捕まるのも早いと思う。

 

てゆーかフィゲロアは暫定王者なのね笑。ダニエル・ローマンはIBFとの王座統一によりスーパー王者になったと思うけどフィゲロアは暫定王者にステイ。正規王者は空位ってマジでわからんな笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com