ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

コバレフ vs.ヤルデは8月まで延期…シールズupdates!

かねてから噂されているWBO世界ライトヘビー級タイトルマッチの王者セルゲイ・コバレフ vs.アンソニー・ヤルデの試合は6月に行われる予定でしたが8月まで延期になるとのことです。

f:id:TBT:20190607083038j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

コバレフは2月にエレイデル・アルバレスとのリマッチを制して3度目の王座戴冠。ヤルデと指名戦を地元のロシアで行う予定でしたが何らの理由で試合は延期となってますが昨年起こした女性への暴行事件の裁判や本人の性格的にトレーニングにも波があることから延期となってる可能性大ですな。

 

コバレフはこれまでのキャリアでWBA.IBFタイトルも獲得。ネイサン・クレバリー、バーナード・ホプキンスらを下しておりかつてはパウンド・フォー・パウンドの1人と見られていたものの髪のこと言われるアンドレ・ウォードに敗退。リマッチでも負けてしまいましたがシャブランスキーをKOしてまたも王座を獲得。

 

しかし昨年夏に2度目の防衛戦にて長らくWBC指名挑戦者として君臨していたエレイデル・アルバレスにKOされてしまい転落。それでも今年2月のダイレクトリマッチにてアルバレスから距離を取り続けてアウトボクシングを展開して勝利。健在ぶりを見せてますな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて6月にテキサス州のヒューストンにてブランドン・アダムスを相手に2度目の防衛戦を行うジャーモル・チャーロさん。トレーナーのロニー・シールズさんのコメントがきております。

 

チャーロは元IBFスーパーウェルター級王者でここまで無敗の2階級制覇王者。強靭なフィジカルと長いワンツーと強烈な左フック、アッパーのカウンターを駆使して強烈なKOシーンを量産してきたミドル級のブギーマンですな。

 

しかし前回の試合では元トップアマでサウスポーのマット・コロボフのテクニックの前に苦戦しており少し評価を下げております。チャーロはこれからカネロやゴロフキンら階級のトップらとの対戦が期待されてますね。

 

"ブランドンはコンテンダーシリーズを勝ち抜いてきたキッドだ。彼はかなり多くのプレッシャーをかけて前に来るタイプのやりにくい相手だよね。だけどチャーロのこの試合だけではなくチャーロのようなレベルまで達してしまうとイージーな試合なんて1つもないってことさ。ジャーモルはグレートなシェイプで試合に臨むしブランドンを相手にする準備と覚悟はすでにできてるよ。"

 

シールズさんもかなり有名なトレーナーですよね。殿堂入りしたのかな?

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com