ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ロールズ "誰かにKOされるって言われても気にしないよ"クリス・コルベルトupdates!

今週末元ミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキンとの試合を控えていないスティーブ・ロールズさん。先日同じニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにてアンディ・ルイスがアンソニー・ジョシュアに大きなアップセットを起こしましたが自分には関係ないとしています。

f:id:TBT:20190606140019j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ロールズはここまで無名でゴロフキンに対しては大きなアンダードッグ。しかしアップセットを狙っているそうです。

 

"ルイスの試合は見たよ。でもあの試合を見る前から俺はここにアップセットしに来てるつもりだったけどね。俺は何ができるかわかってるしあの試合を見るとリングでは何が起こるかわからないんだなって思った。俺は別に他の誰かにKOされるって言われても気にすることはない。俺がKOしたらみんなショックを受けるだろうな。でもリングの上では何が起こるかなんてわからないんだぜ?アンダードッグだからこそ大きなモチベーションを感じてるよ。みんなが間違ってると証明できるからね。だから俺はいつもモチベーションが高いし最終的にここのステージで試合をすることになることはわかってたよ。"

 

ロールズさんはおそらく3ラウンド持たんやろうなと失礼ながら予想。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてライト級プロスペクトで無敗のクリス・コルベルトさん。6月23日にラスベガスのマンダレイベイ・イベント・センターにて行われるジャーメル・チャーロの前座でアルベルト・メルカドと対戦することがアナウンスされましたな。

 

チャーロはWBCスーパーウェルター級王者のトニー・ハリソンと12月にまさかの敗戦を喫したからの再起戦及びにダイレクトリマッチに挑もうとしていたもののハリソンが足首を負傷。手術となりコンテンダーのホルヘ・コタとの試合に差し替えとなりましたな。

 

ちなみに前座ではまたWBA.WBOスーパーバンタム級王者のギレルモ・リゴンドーが元WBCスーパーバンタム級王者のフリオ・セハとWBCフェザー級指名挑戦者決定戦をやりますな。以下はコルベルトのコメントです。

 

"6月23日の大きな試合に向けて準備してる。メルカドが勝ちに来ることはわかってる。いつものような支配的に勝つよ。メルカドはタフな相手だけど簡単なように見せる。ベガスでやれるなんてトップのような気分だしエキサイトしてる。今回の試合は俺のキャリアの新しいチャプターになるよ。"

 

ライト級にはロマチェンコさんとテオフィモさんがあるからなぁ…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com