ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ワイルダー"ジョシュアとはまだやりたいよ。やろうじゃないか"updates!

WBCヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダーさん。ライバルでWBA.WBO.IBF王座を保持していたアンソニー・ジョシュアさんがまさかの敗北を喫して王座転落してしまいましたがそれでもジョシュアとの試合はやる価値があると話しています。

f:id:TBT:20190605225348j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ジョシュアは先週末にメキシコのアンディ・ルイスに4度倒されてまさかの7ラウンドストップ負け。ジャレル・ミラーの代役とされて1ヶ月前に試合の出場が決まったルイス相手にまさかの負けを喫したことで大きく評価を落としてしまいましたな。

 

さらにはこの試合がジョシュアにとってはアメリカデビュー。その中で圧勝が期待されていたルイスに良いところを見せようとしすぎたのか安易に踏み込んで3ラウンドに左フックからアッパーをつなげてダウンさせたもののフィニッシュを狙って前に出たところに左右フックをもらって2度ダウン。

 

その後はアウトサイドからジャブをついて立て直していたものの7ラウンドに左フックをロングで当てて調子に乗るとまた前に出て右オーバーハンドを被弾。2度ダウンしてしまいストップされちゃいましたな。

www.boxsharpjab.com

 

 

"俺たちはまだ試合をやりたいしやるつもりだ。やらない理由なんてないよ。みんなジョシュアが負けたことだけ切り取って俺たちの試合がもう行われないと思ってるけどそれは違う。そうやってみんなツータイム、スリータイム、フォータイムチャンピオンになっていくんだ。ボクシングのグレートな歴史の中でも全員ではなくても多くのグレートたちが負けを経験してるんだ。これはボクシングだし勝てる相手もいれば負けてしまうような相手もいるんだ。ただそういうことだったのさ。1つの敗北でキャリアが決まるわけではない。時にダウンしてしまうこともあるさ。時に世界ではまた起き上がるのがハードなこともある。何人かの人はダウンした後もう自分には何もできないと思う人もいるしね。それはイージーなパートだよ。ハードなパートはダウンにてから起き上がることだ。もちろん俺たちはまだ試合ができる。でもまずは彼に立ち上がってもらわないとならないね。まずは彼が立ち直れるのかどうかを見させてもらうよ。立ち直れるのかそうではないのかをね。今はダウンしてるからメンタル的にも弱ってるよ。どうやってまたミックスに戻ってくるのか見ものだね。そうしてくれたら俺はここにいるよ。"

 

頼むからワイルダーさんはオルティスに負けないでな泣。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com