ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

フューリー"ワイルダーとのリマッチは来年の3月か4月になりそうだね"ヘスス・ロハスupdate!

ヘビー級トップスリーのタイソン・フューリーさん。無敗の元統一王者として高名ですが期待されるデオンテイ・ワイルダーとのリマッチは来年の3月か4月になると見通しを立てています。

f:id:TBT:20190521204134j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

昨年ロサンゼルスで激突した2人は激闘の末ドロー。フューリーは2度のダウンを喫したものの立ち上がり多くの人がフューリーの判定勝ちを推していましたな。

 

"俺たちのリマッチは来年にはやるだろうけど5月でも6月でも7月でも8月でもないだろうな。俺が言いたいのは多分リマッチは来年の3月か4月になるってことだ。それが俺が今言われてる日にちだよ。そして全てがうまくいけばそこに至るまでに俺は何試合かすることになるよ。俺はアクティブでありたいんだ。俺は他の誰かと遊んでる時間なんてない。俺はキャリアと家族と人生のことを考えてる。俺は自分のキャリアを他の人にこいつとやれって言われて試合をして試合を積み重ねていくなんて絶対に嫌だ。俺は自分のキャリアと運命を俺の手の中に握りしめて時が来れば試合に臨みたい。"

 

おおおおフューリーさんが名言を放っているな笑笑。ただフューリーさんの話はよくコロコロ変わるから真に受けているとバカを見るよな笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて元WBAフェザー級王者で先日プエルトリコのカグアスにて再起戦を3ラウンドKOで勝利したヘスス・ロハスさん。今年1月にシュ・チャンに議論を呼ぶ判定の末敗れてしまいましたがチャンのことを甘くみてはいなかったと話しています。

 

ロハスはハイメ・ムンギアの前座でテキサス州にてシュ・チャンと防衛戦を行なって終始優勢に進めていたものの判定はまさかのチャンへ。チャンは今週末中国で久保隼との初防衛戦に臨みますな。

 

"チャンは前に出てくるスタイルだし俺も同じだからタフな試合になることはわかっていた。俺はあの試合には勝ったと思ってるんだけどジャッジは別の見方をしていたね。そのことについては俺な仕事ではないよ。プエルトリコのためにグレートな勝利を届けたかったんだけどね。チャンの試合に向けてのシェイプもトレーニングキャンプもエクセレントだった。ジャブをつくことを心がけていたし何回も左ボディを当てて効かせていたと思ってるし手応えはあったよ。俺の頭の動きにもついていけてなかったしね。だけどチャンもとても若くてハングリーだったからジャッジの目にはよく映ったのかな。"

 

この試合に関してはロハスが大差判定と思ったなぁ…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com