ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

西岡さん割りとウィラポンに善戦…ウィラポン・ナコンアルプロモーションvs.西岡利晃1

こんにちは管理人です。

今日は2000年に日本で行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチ

王者ウィラポン・ナコンアルプロモーションvs.西岡利晃の一戦です!!

f:id:TBT:20190516220034j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はウィラポンの4度目の防衛線。かつて日本のリングで英雄と言われて大人気を誇った辰吉を2度KOしたウィラポンはムエタイ最強王者でボクシングの世界でもこれが2度目の王座。その強さを遺憾なく発揮してきましたね。

西岡は当時の日本ボクシング界ののエースと言われるほどの逸材。これが初世界タイトル戦で優れたスピードと強烈な左ストレートを武器とする若手でかなり期待されてこの試合に臨んで行きましたな。

 

そしてこの試合はウィラポンが西岡のスピードの前に苦戦したものの経験の差を見せる形で判定勝ち。西岡は足を使ったボクシングでよく動いたもののウィラポンの右リードを時折被弾してしまいましたね…

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

西岡はサウスポースタンスから左を出してウィラポンは右リードを当てる。

西岡は左ストレートを放ちウィラポンは入り際に右ストレートを伸ばす。

中盤西岡は右ジャブをコツンと当ててすぐに離れるなど動きはいい。

 

2ラウンド

西岡はウィラポンのワンツーにワンツーを返してスピードでは上回る。

さらに左ストレートを出してウィラポンはまだ体が温まっていない。

ウィラポンは右リードを放ち、西岡は中盤左ストレートをかすめる。

終盤ウィラポンは西岡の入り際に右ショートを当てて西岡はバランスを崩す。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

ウィラポンは右リードで西岡の顔面を弾いて距離を測り終えたようだ。

西岡は右ボディを放ちウィラポンは左フックを当ててくる。

西岡は左ボディストレートを放つがウィラポンは右リードをカウンターして簡単には踏み込ませない。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ウィラポンは単発の右を出してきて西岡は頭を振る。

ウィラポンは右リードから左フックの逆ワンツーを放つなどテクニックを出す。

西岡は左ストレートを出してウィラポンはジャブで顔を弾く。

 

 5ラウンド

西岡は動き回って左ボディをついてウィラポンは頭から突っ込んでくる。

ウィラポンはジャブをついて動き出しに右リードを当ててくる。

ウィラポンは右リードから入って西岡はこれに対応できない。

 

 6ラウンド

西岡は常に動いてウィラポンの正面からは離れる。

西岡は下がりながらワンツーを放つため力がこもらずウィラポンを止められない。

ウィラポンは右ボディから右アッパーにつなげてプレッシャーを強めてくる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

西岡は動き回って左フックを振るが間合いが遠くて当たらない。

ウィラポンもワンツーを放り込むがこちらも間合いが遠くて当たらない。

しかしウィラポンはジャブから左右ボディを当てて終盤にもワンツーを当てる。

 

 8ラウンド

西岡は左ストレートから左アッパーにつないで手数を出す。

ウィラポンはワンツーをどんどんついて前に出てくる。

西岡は左ボディストレートを出して間合いを取るがウィラポンも右を返してかすめる。

 

 9ラウンド

西岡は序盤左ストレートを当ててそこから追撃するがウィラポンはまともにはまらない。

西岡はウィラポンの入り際に右フックをカウンターして左ストレートをガードの上から放つ。

ウィラポンは右リードを返して西岡はジャブをもらいながら左ストレートを浅く当てる。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

西岡は左ストレートを出してウィラポンは右リードを放り込む。

ウィラポンは中盤右リードで顔を跳ね上げて見栄えのいいショットを当てる。

ウィラポンは終盤右ボディを当てて接近戦で左右ボディをねじ込む。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

11ラウンド

ウィラポンは前に出てワンツーを振りプレッシャーをかけてくる。

西岡はリズムをつかめず西岡の左は浅く当たるがウィラポンは顔色変えずに前に来る。

西岡はウィラポンの右ストレートに右フックを返すが下がるため見栄えが良くない。

 

12ラウンド

西岡は左ストレートをボディに伸ばすがウィラポンは撃ち落とすような右を放つ。

ラウンド1分過ぎウィラポンの右フックが浅く当たって西岡の顔が揺れる。

西岡は左ストレートを残り1分で当てるがウィラポンは前に出てきてペースを渡さない。

 

判定は115-113が1人、116-112が2人の3-0でウィラポン!

ちなみに僕は117-111でウィラポンでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

まぁ善戦止まりかな…

 

いい試合ではあったけど見ていてエキサイティングとは言えなかった。西岡が足を使うのは正解だけどプレッシャーが強くて先手で責められなかったのが敗因かな。

 

ウィラポンはやはりうまい。西岡の左をもらっても表情が変わらないし右リードを放り込むとそれだけでラウンドを有利に終えてしまうからポイントを奪いづらい。

 

この2人はこの後4回試合をしますが初めのうちからそこまで大きな差はないように見えましたね。経験の差、戦い方でこの試合の勝敗も変わった気がします。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com