ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

カネロのプロモーターがIBFのオーダーに不満…オーシャーキー・フォスターupdates!

先日ラスベガスにてダニエル・ジェイコブスを破ってWBC.WBA.IBFタイトルを統一したカネロ・アルバレスさん。ジェイコブスからIBFタイトルを奪い去りましたがそのあとIBFからすぐに指名挑戦者のセルゲイ・デレビヤンチェンコと指名戦を行うようオーダーが下りましたな。

f:id:TBT:20190519231724j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

カネロはジェイコブスと試合前に乱闘しかけながらも僅差判定勝ち。かなりアクションに欠けた試合となりましたがアグレッシブさで優ったカネロが判定勝ち。微妙な採点となり個人的にはドローと見ましたがマルケスやスペンス、アンドラーデなどの著名人はジェイコブスが勝っていたと話しておりますな。以下はプロモーターのエリック・ゴメスさんのコメントです。

 

"俺たちが過去に受けられたようにIBFから王座戴冠したことへの祝福が得られていないのはとても残念なことだね。来週俺たちはカネロとミーティングするから彼がどうしたいか話し合うとするよ。"

 

ちなみにデレビヤンチェンコは昨年ジェイコブスとの決定戦に僅差判定で敗退。元トップアマで今年の4月にはミネソタ州で元WBAスーパーウェルター級王者のジャック・クルカイとの指名挑戦者決定戦を判定で制しましたな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてヒューストンの2018年のカムバック・オブ・ザ・イヤーにはオーシャーキー・フォスターが選ばれたようです。昨年オーシャーキー・フォスターは無敗のフェルナンデスを下して見事に世界ランキングを勝ち取りましたな。

 

2012年のアメリカのオリンピックチームの所属だったフォスターはスーパーフェザー級でキャリアをを進めてきましたが9戦目と12戦目で敗退。かつてのような注目を集めることはなくなりましたが元スーパーウェルター級、ミドル級王者でアルゼンチンレジェンドの秘蔵っ子であるフェルナンデスを下したことで一気にトップ戦線に舞い戻ってきましたな。

 

ちなまに負けが続いたしまった2015年と2016年には本人のイリーガルな問題がありトレーニングに集中できる環境ではなかったそうです。

 

"2015年と2016年に敗北を喫したフォスターはレコード上はすでに使い捨てられた選手だった。違うコーナーにいたフェルナンデスは若くパワフルでエキサイティングなファイター。しかしフォスターはサイドへの動きを辞めずジャブで何度も顔を弾いてフェルナンデスを判定で下した。"

 

いやーベテランが若手に勝った時ってなんか胸熱くなりますよね笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com