ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

エスピノサ"ブラジールは1発で試合を変えられる"デュノupdates!

今週末指名挑戦者としてWBC世界ヘビー級王者のデオンテイ・ワイルダーに挑むことになるドミニク・ブラジールさん。試合を放映するSHOTIMEのステファン・エスピノサがブラジールは試合を一撃で変えるパワーがあると話しています。

f:id:TBT:20190517234628j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ワイルダーは歴代最強の強打者として知られていますがブラジールも確かに引けを取らない強打を誇りますな。

 

"このような2人の遺恨を持った強打者同期のヘビー級がぶつかるなんてね。このような時には多くの言葉は必要ないよ。デオンテイはヘビー級で最も長く在位してるチャンピオンだ。これが9度目の防衛戦になるし、歴史上ヘビー級で9度の防衛に臨んだのは9人しかいないんだ。デオンテイは昨年ヘビー級で最高の2試合をした。ドミニクもかつてワールドクラスの舞台に立ったし強打を持ってるよね。彼は世界戦を経験してるしここ数戦はずっと勝ってきてる。彼には多くのパワーがあるし前回の試合のネグロン戦も素晴らしかったよね。ワイルダーだけでなくブラジールも一撃で試合を変えるパンチを持っているよ。"

 

ブラジールさん確かに強打者なんやけどガードの上からでもまともにもらうから耐えられへんやろな…

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて昨日カリフォルニアのファンタジー・スプリングス・カジノで行われたNABOライト級タイトルマッチ。強打のロメロ・デュノが同胞のメルシト・ヘスタをKOしたファン・アントニオ・ロドリゲスと対戦してかなりタフな試合となったものの9ラウンド2-1の判定を負傷判定で拾っています。

 

ヘスタはかつてミゲール・バスケスの持つIBFライト級タイトルにパッキャオの前座で挑んで判定負け。トップランクとの契約を打ち切られてホルヘ・リナレスの持つWBA王座に挑みましたが判定負け。その後でロドリゲスと対戦してまさかのKO負けを喫しましたな。

 

デュノは試合前から仲のいいヘスタの仇を取るとまくしたてており試合はかなり激しい打ち合いとなりながらもデュノがよりハードでヘビーなショットを当てていったそうです。しかし6ラウンドにほデュノが効かされるシーンもあったそうで激闘となりましたな。

 

"今回の試合に勝ててハッピーだよ。エキサイトしている感じさ。けーしたかったんだけどロドリゲスはとてもタフだったね。個人的なことはもう過去のことだ。より強くなって戻ってくるよ。"

 

デュノも前から名前は聞いてるけどなかなか世界までたどり着かないな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com