ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ガラードさんソーシャルメディアでワーリントンをおちょくりまくる…カラム・ジョンソンupdates!

来月15日にリーズにてIBFフェザー級王者のジョシュ・ワーリントンに挑む指名挑戦者のキッド・ガラードさん。ワーリントンのことをソーシャルメディアを駆使しておちょくっています。

f:id:TBT:20190516233557j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ガラードはリーズのプレミアリーグのサッカークラブであるリーズ・ユナイテッドがダービー・カントリーにプレイオフのセミファイナルに負けた際にリーズのスチュアート・ダラスが打ちひしがれてグラウンドに寝転がっている写真を投稿。さらに絵文字まで追加したらしく間違いなくワーリントンとの試合もリーズで行われるもののリーズのファン達にとってがっかりするものになると言わんばかりの投稿だったそうですな笑笑。

 

ワーリントンは昨年リー・セルビーの持っていたIBFタイトルに挑戦して激闘の末に僅差判定勝ちを収めて王座を獲得。王座戴冠前からキコ・マルティネスや日本の天笠尚と試合をした経験があり、昨年末には元2階級制覇王者のカール・フランプトンに勝利して自分の価値を高めてますな。ガラード戦のパフォーマンスは今後のビッグマッチに影響しそうですね笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてライトヘビー級コンテンダーのカラム・ジョンソンさん。WBOライトヘビー級タイトルマッチとして行われることが予想されるセルゲイ・コバレフvs.アンソニー・ヤルデは無敗で若手のヤルデが勝つのではないかと話しています。

 

ジョンソンとヤルデは同じ英国人でコバレフの全盛期はすでに過ぎていることを指摘しておりますな。

 

"その2人の対戦についてはまだグレートなニュースが飛び込んでないけどもし決まるならアンソニーのために幸運を祈ってる。もし試合が決まるなら贔屓目なしにヤルデがコバレフからタイトルを奪えると思うよ。タフな試合になるだろうけどコバレフのピークはもう過ぎてるし、ヤルデは打ち合える。だからコバレフに勝てる全ての要素は持ち合わせてるよ。"

 

ジョンソンさん本人はIBF王者のベテルビエフとのリマッチを求めていますな。

 

"ベテルビエフは俺からしたらトップだし恐れられてるパワーがあるよね。俺は彼をダウンさせてるし、もう一度ベテルビエフと対戦したい。次にやることになったら俺はメンタル的により準備ができるし、ジャッジの手に渡るような試合にはならないよ。俺たちは2人とも強打者だしどちらも力強さの全てを出し切るから判定まで行くことは考えにくいね。"

 

ジョンソンさんかなり大きな爪痕残してるからそのうち世界戦やるでしょな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com