ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

井上尚弥の父ロドリゲス陣営に突き飛ばされる…ルビンupdates!

今週末行われる井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲスのWBA.IBFバンタム級王座統一戦にしてWBSSトーナメント準決勝。井上尚弥のトレーナーで父親の真吾さんがロドリゲスのフレディ・ローチとのトレーニングの写真を撮って陣営に突き飛ばされたそうです。

f:id:TBT:20190515073603p:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

2人はこれまでそこまで大きなトラッシュトークなどはなかったもののこの件を機にヒートアップしそうですな。いかは真吾さんのコメントです。

 

"俺はいつものオープントレーニングだったからスマートフォンで写真をとっていただけなんだ。そしたらあいつらの陣営の1人が来て俺をリングから遠ざけて突き飛ばしながら写真を撮るんじゃないって言ってきた。紳士的な対応ではなかったね。2人ともいい選手だけど俺たちはより強いファイターがどちらなのか見に来てる。リングの外で対立することはないはずだ。こんな下らないことで熱くならないことを信じてる。これは井上とロドリゲスの試合だしね。まぁ好きにトレーニングすればいいよ。"

 

さらに井上さんのコメント。

 

"グレートなシェイプだし試合が待ちきれないな。土曜の夜俺がロドリゲスをKOする。何ラウンドからわからないけど遅かれ早かれKOすることになるよ。みんなが俺に期待してることはわかってるからね。"

 

まぁ試合前やから気が立ってるのさ…これ以上のことはしないでね。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて6月にテキサス州ヒューストンにてジャーモル・チャーロvs.ブランドン・アダムスの前座にてザカリア・アトゥーと試合を行うことがアナウンスされたスーパーウェルター級トップコンテンダーのエリクソン・ルビンさん。

 

トレーナーのケビン・カニンガムさんによるとアトゥーに勝ってからオースティン・トラウトとテレル・ガウシャの勝者とやって世界タイトルに行くのが青写真だそうです。

 

"俺はスーパーウェルター級がボクシングの中で最も混沌としてる階級だと思うんだ。ハード、チャーロ、ララ、ハリソン、トラウト、ウィリアムス、ガウシャ、ルビン、アダメス、カスターノ、ムンギアがいるからね。ここ数年先はグレートな試合がずっと作られていくことになるよ。俺たちはまず6月29日に控えているフランス王者のザカリア・アトゥーに集中しているよ。そしてアトゥーに勝った後はオースティン・トラウトとテレル・ガウシャの勝者とやるのがルビンにとってグレートなマッチアップになると思う。その試合にルビンが勝てばベルトを持ってるやつなら誰とでもやれると思うんだよ。"

 

ルビンさんまだ23歳やしこの選手の伸びしろはかなりありますよね…ぜひ世界をとってほしいな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com