ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

フューリー"俺が真の王者だ。俺の地位は100年先も揺るがない"モロニーupdates!

元ヘビー級統一王者でいまだに無敗のタイソン・フューリーさん。メンタルヘルスの問題で統一王座を戦うことなく失いましたが復帰してまた世界のトップスリーと言われてますな。

f:id:TBT:20190514160710j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

フューリーは2015年にクリチコを下してトップ戦線に風穴を開けましたがいまだに自分が真の王者で自分の地位は100年先も揺らぐことはないと話しております。ちなみに次の試合は6月15日にトム・スチュワーツとラスベガスですな。

 

"俺はランキングに非常に不満だ。スチュワーツが俺より上にランクされてるんだからな。俺にとってランキングはどうでも良いことだよ。俺は真の王者だからな。俺の地位は100年先も揺らぐことがない。ベルトなど俺の前では意味をなさない。他のチャンピオンの指名挑戦者として挑戦することに興味は全くない。俺はそれを超えてるからな。俺は自分のやりたい奴としかやらない。みんな俺たちトップスリーが試合をするのか聞いてくるよ。数ヶ月前にアメリカでワイルダーに勝ったばかりなのにな。俺は試合をするたびに強くなるし自分のことを証明する必要すらもうないんだ。この試合が終われば数週間休んでまたトレーニングだな。次の試合は9月28日だからな。もうすでに次の試合の日程が決まってるんだ。向こう半年間は3試合やるからアクティブだよ。"

 

フューリーさんベルトを超越されたのか…防衛はしてないけどな笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてバンタム級コンテンダーのジェイソン・モロニーさん。6月15日に地元のオーストラリアにてWBCフェコムボックス王者のセサール・ラミレスと対戦することが決まってますがラミレスに集中していると話しています。

 

モロニーは現在WBA王座を狙っており、今週末の井上尚弥vs.エマヌエル・ロドリゲスの勝者がスーパー王者となることからレギュラー王座決定戦に出ることを希望しておりますな。

 

"まずは今回のオーストラリアの巨大なイベントの一部になれて嬉しく思っている。それに弟のアンドリューと共同のメインイベントを張れるのはスペシャルな気分だよ。このようなスペシャルなイベントを実現してくれたプロモーターとチームに感謝してる。ラミレスはジョークなどではないし、WBCのタイトルを今も保持してる。パンチも強いし、ライアン・バーネットなどトップとやってる。甘く見られるような相手ではないし、そのつもりもないよ。"

 

モロニーさんロドリゲス戦は勝ってたと思うけどなぁ…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com