ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

マルケス"デラホーヤが何と言おうとジェイコブスが115-113で勝ってたよ"マレーロupdates!

元4階級制覇王者のファン・マヌエル・マルケスさん。先日のカネロ・アルバレスvs.ダニエル・ジェイコブスのWBC.WBA.IBFミドル級王座統一戦はカネロの判定勝ちで幕を閉じましたがマルケスは115-113でジェイコブスが勝っていたと主張しています笑笑。

f:id:TBT:20190514183049j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

同じメキシカンなのにヒーローのカネロに厳しめのマルケスは全体的にはあまり議論を呼んでいない判定に噛み付くあたり頑固者ですな笑笑。

 

"あの試合はとても接戦で最終ラウンドをどちらがとったかで試合の勝敗が決まるような試合だった。ジェイコブスはかなり良いフットワークをしていたしガードを左右に変えていたよね。どちらが勝ってもおかしくなかったけど俺は115-113でアメリカンにつけていたよ。"

 

そしてこのことを聞いたカネロのプロモーターのデラホーヤさんはマルケスがカネロにジェラシーをやいてると発言してマルケスは…

 

"今からデラホーヤと彼の発言に関して話し合わなきゃならないね。俺たちが何か言えば彼は何か悪く捉えてくるよね。俺が見た試合は115-113でジェイコブスだ。デラホーヤは俺にジェラシーをやくなってメッセージを送ってきた。何を言ってるのかわからないね。"

 

ちなみに僕は114-114でドローと見ました。デラホーヤは少し過剰に反応しすぎかな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて元WBAフェザー級王者で強打者のクラウディオ・マレーロさん。先日モンゴルの銀メダリストであるタグスコット・ニャンバヤールに負けてしまいましたが試合は僅差でしたな。このことについて少し話しています。

 

マレーロはかつてプエルトリカンのヘスス・ロハスと対戦して激闘の末王座陥落。ロハスも今年の1月にムンギアの前座でシュ・チャンに議論を呼ぶ判定で敗れてますな。

 

"俺はこれまでのキャリアでニャンバヤールにとって最もタフなテストだったはずだ。ニャンバヤールはオスカー・エスカンドンに勝ってたけど俺とエスカンドンはまるでレベルが違うからな。俺はグレートな動きとスピードに乗ったサウスポーのパンチを打てることをみんなに証明したと思ってる。前から言ってるけど俺はフェザー級で最もデンジャラスな男だ。俺はまだまだ誰の踏み台として扱われる存在ではないし、ニャンバヤール戦はあんな判定になったけど俺が勝ったと思ってるよ。ニャンバヤールは自信がなさそうだったしね。"

 

確かに接戦やったけどギリギリニャンバヤールやったかな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com