ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ハード"リマッチ条項がある。リマッチするつもりだよ。"エドワーズ兄弟updates!

昨日ジュリアン・ウィリアムスと地元に近いバージニア州にてWBA.IBFスーパーウェルター級王座を防衛して激闘の末に判定負けを喫して王座陥落、初黒星となったジャレット・ハードさん。ウィリアムスとの契約にはリマッチ条項があるそうで行使すると話しています。

f:id:TBT:20190513073729j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ハードは2ラウンドにダウンを奪われてその後はオールアクションの好勝負を演じたもののウィリアムスの的確なパンチの前に敗れましたな。

 

"俺はただウィリアムスの方が俺より優れた男だったと思うよ。今夜はね。俺はホームタウンのファン達の前で俺の名前がコールされるのを聞いていた。それでも俺はリラックスしてゆっくり時間をかけて試合を進めるより少しハードな道を歩んだんだ。それが敗因の1つだけど特にいいわけではないよ。俺はまだこの試合については何も言えない。まずは家に帰って試合を見てみるよ。俺は手数を出すよりも効果的なパンチを出そうとしてたんだ。今夜はウィリアムスが俺より優れていた。俺たちには間違いなくリマッチ条項があるからそれを行使するよ。今夜の俺よりより強くなって帰ってくるさ。"

 

ハードの陥落は悲しいな。この選手の再浮上は厳しいかもしれないな…

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてWBCフライ級王者のチャーリー・エドワーズとフライ級コンテンダーのサニー・エドワーズの兄弟。サニーはWBOのヨーロピアン王座を保持しておりますが昨年足首を痛めており、そのリハビリにチャーリーが付き添っていたそうですな。

 

チャーリーはかつて地元のイギリスでプロで8試合をした後IBF王者だったジョン・リル・カシメロに挑んで敗北。カシメロはライトフライ級、フライ級、バンタム級で王座を獲得してきたフィリピンの強打者でアムナットを下したハードパンチをチャーリーはもろにもらって削られ続けて10ラウンドTKO負けしてしまいましたな。

 

そのあとスーパーフライ級にあげたものの昨年末にWBC王者のクリストファー・ロサレスに挑んで判定勝ち。世界王者に輝きました。以下はチャーリーのコメントです。

 

"カシメロとの試合を見て貰えばわかると思うけど俺は全てを急ぎすぎていた。サニーはそんなことする必要ない。彼はまだ22歳だしタイトルを獲得していけばいいさ。俺たちはペアでお互いに支え合ってやってる。俺たちは兄弟だし120%のサポートをして健全な関係だよ。"

 

チャーロ兄弟もこれくらい仲いいのかな?笑笑。この2人は仲良しそう。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com