ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ハリソンさんチャーロとのリマッチがデトロイトでなくがっかり…ダルトン・スミスupdates!

WBC世界スーパーウェルター級王者で6月にジャーメル・チャーロとのダイレクトリマッチとなる初防衛戦を中立地のラスベガスで行うトニー・ハリソンさん。会場が地元のデトロイトではなくがっかりしているようです。

f:id:TBT:20190513183430j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ハリソンからしたらチャーロはデトロイトに来ることはないだろうと話していた通りの結果となりましたが2人は記者会見でヒートアップしておりましたな。前回の試合はハリソンが議論を呼んだ判定でチャーロを判定で下しております。

 

"俺は世界タイトルを前にもデトロイトで試合ができなくてがっかりだよ。みんな正しいことをしてる時はお互いのホームでやるのにデトロイトで試合ができないからね。俺は世界王者になってずっと正しいことをしてるのに。まぁそれは仕方ないことで関係ないんだけどね。俺は全てのことを正しくしてるから少し歯痒いよ。奴らが求めてくることを全てしてやってるからね。俺が見返りに求めてたことは唯一デトロイトでやることだ。俺はさらなる金とかも求めてないけどチャーロも前回俺にチャンスをくれてるから仕方ないかな。"

 

言動にハリソンさんの穏やかな人柄が垣間見えるな笑笑。荒れかけてたけど。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてスーパーライト級のアマチュアエリートとしてデビューしてきたダルトン・スミスさん。父親のグラント・スミスさんにトレーニングされておりますがデビュー戦はアウトボクシングに徹して判定勝ちをアマチュアらしく収めましたな。

 

22歳のスミスはエディ・ハーンと契約しておりDAZNのプラットフォームで試合を行いジョーダン・ジルがまさかのKO負けを喫した試合の前座で戦っておりましたよね。

 

彼は今後のキャリアにおいてできるだけ早く世界戦までたどり着きたいと発言しておりこれからはかなりアクティブに試合をしていくと話しております。

 

"俺はまだまだ若い頃からこのような舞台でプロデビューすることが夢だったんだよ。俺のデビュー戦はもう終えたわけだし緊張も次からはほぐれるよね。またあのステージに戻ることが待ちきれないよ。俺はアマチュアの頃に拳を怪我してたんだ。だけど今はもう癒えてるし次の試合をできるだけ早くやりたいなと思ってるよ。俺はできるだけアクティブにありたいと思ってるし、俺のプロモーターのエディ・ハーンは俺が今言ったことを実現してくれる男だよ。"

 

最後のプレッシャーすごいな笑笑。まぁデビューしたてならアクティブでいるべきですな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com