ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

モズリーさんサバイバル…マニー・パッキャオvs.シェーン・モズリー

こんにちは管理人です。

今日は2011年アメリカで行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチ

王者マニー・パッキャオvs.シェーン・モズリーの一戦です!!

f:id:TBT:20190501224726j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はパッキャオの2度目の防衛戦。すでにPPVファイターとして大きな注目を集めていたこの頃のパッキャオはマルガリートを下して6階級制覇。またウェルター級に戻して3階級制覇王者のモズリーを迎え撃ちました。

モズリーはレジェンドの3階級制覇王者。天才的なハンドスピードを誇りオスカー・デラホーヤに初黒星を与えてメイウェザーを2ラウンドに強烈な右ストレートでかなり効かせて追い込んだことでとても有名ですね!

 

そしてこの試合はパッキャオがベテランのモズリーを圧倒!3ラウンドに左ストレートでダウンを奪うとモズリーはサバイバルモードに突入して勝利を捨ててしまいます。大きなブーイングを浴びながらゴールテープを切ったモズリーでしたが当然大差判定負け。試合後は大きな批判にさらされましたな。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

モズリーは右ストレートを狙い、パッキャオは左をボディに伸ばす。

モズリーはジャブを細かくついてパッキャオはワンツーをガードの上から当ててくる。

パッキャオは中盤左フックを当ててモズリーは反応が間に合わない。

モズリーは中盤右ボディを返してパッキャオは左ボディを返す。

 

2ラウンド

パッキャオはワンツーを打ち込んで左ボディを叩く。

パッキャオはジャブを浅く当ててモズリーも右ボディをストレートで当てる。

パッキャオは踏み込むと頭がどうしても当たってベイレスさんに怒られる。

パッキャオは終盤ワンツーを上下に散らしてモズリーはあまりの速さに苦笑いしている。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

パッキャオは左ストレートを打ち込んでモズリーは右ストレートを返すがパッキャオは止まらない。

モズリーは右ガードを高く上がるが中盤パッキャオの左をもらって下がると追撃のワンツーを動き出しにもらってダウン!!

信じられないといった表情のモズリーはクリンチに逃げて間合いを取って逃げ惑う。

パッキャオはKOを狙ってワンツーを打ち込んで終盤左ストレートを浅く当てる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

パッキャオは右フックをリードに使ってモズリーはあまりパンチを出さずに下がる。

パッキャオはワンツーをガードの上に当ててモズリーは右ボディを当てる。

モズリーはバックペダルを踏んでパッキャオの打ち終わりにジャブを当てる。

 

 5ラウンド

パッキャオはワンツーを放ってモズリーは自分からパンチを打たない。

パッキャオは左ボディを打ち込んでモズリーは中盤右ボディをダブルで当てる。

パッキャオは左ボディストレートを当てて顔面にも左を伸ばすがモズリーは消極的だ。

 

 6ラウンド

モズリーはジャブを伸ばしてパッキャオが前に来ると下がる。

パッキャオはワンツーを放ちまくるがモズリーは徹底的に下がる。

さらに中盤ワンツーを放つとモズリーはクリンチしてくる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

パッキャオは前に出てワンツーを放つがモズリーは打ち合わない。

ほとんどパンチを打たないモズリーはパッキャオが踏み込んでくると頭を下げて当ててくる。

中盤モズリーはジャブを伸ばすがパッキャオがワンツーを返してのけぞらせるとまた下がる。

 

 8ラウンド

パッキャオは踏み込んで左アッパーから左フックを振るとモズリーはクリンチしてくる。

パッキャオは前に出てくるがモズリーはジャブをついて離れる。

パッキャオは中盤ボディから左アッパーを当てて左ストレートで顔を弾く。

 

 9ラウンド

パッキャオは右フックを振り回して前に出るがモズリーはアウトサイドから出ない。

パッキャオはコンビネーションを放つがモズリーは下がりまくる。

残り1分でパッキャオは左右ボディと左ストレートを決めてヒットを奪う。

www.boxsharpjab.com

 

10ラウンド

パッキャオは左ボディストレートから右フックを返して当てる。

モズリーはジャブを伸ばすが当たらずパッキャオはロングの左アッパーを当てる。

中盤明らかなプッシングによるスリップでパッキャオはダウンを宣告される…

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

11ラウンド

パッキャオはどんどん前に出て下がるモズリーにKOを狙う。

左ストレートからの右フックを当てるがモズリーは逃げ回ってまともに打ち合わない。

パッキャオはモズリーにプレッシャーをかけるがモズリーはリターンがない。

 

12ラウンド

モズリーはワンツーから右ボディを伸ばしてくるが既に遅い。

パッキャオは中盤ガードの上から左ストレートを当ててモズリーもジャブを返す。

パッキャオは右フックを終盤当てて下がるモズリーを追いかけてゴングが鳴る。

 

採点は120-107.120-108.119-108の3-0でパッキャオ!!

ちなみに僕は120-107でパッキャオでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

昔はモズリーもすごかったのになぁ…

 

とはいえモズリーは自信満々ながらも打ち砕かれた時にメンタルの弱さを見せることはままある。フォレスト戦でもダウンした後明らかに弱気でしたもんね。

 

ちなみにこの試合でパッキャオはダウンを宣告されてますがこれはスリップだったとレフェリーのベイレスが誤審を認めており試合後に謝罪するハートの強さを見せましたな。

 

このようにミスを犯してしまうことがあるのもレフェリーなんですけどベイレスさんのように世界一のレフェリーになるには自分のミスをみんなの前で認める強さも必要なんだろうな。モズリーが逃げ回りすぎてあまり試合の印象はないです笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com