ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ベルチェルト" 10ラウンドでバルガスをKOする!"リー・セルビーupdates!

WBCスーパーフェザー級王者で今週末元王者のフランシスコ・バルガスとのリマッチを控えているミゲール・ベルチェルトさん。2人はかつて対戦してベルチェルトが11ラウンドKO勝ち。立場を入れ替えての再戦となりますな。

f:id:TBT:20190507081103j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

ベルチェルトはバルガスに初黒星をなすりつけた男として有名であり今回の試合でも10ラウンドにKOすると話しています。

 

"これはみんなが期待してくれてるリマッチだ。そしてバルガスサイドはいつも俺とリマッチするチャンスをくれと話していたよね。奴は俺にチャンスをくれたんだから見返りにくれって話だろ?だから5月11日にもう1度カーソンでやってやることにしたんだよ。俺は予想するのも好きじゃないし、バルガスに対しては何もないけどライバル関係はスポーツにあるものだ。俺は拳で語る方が好きだけど10ラウンド以内にKOしたいな。まずはタイトルを防衛するけど伊藤やデービスやファーマーの王者達がこの階級にはいるよね。プロモーター達の関係で試合の実現はとても困難なんだけど俺はスーパーフェザー級でベストだと見せ続けるよ。"

 

ベルチェルトさん伊藤となら対戦はあり得そう。でも伊藤もさすがにきついかな。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて元IBFフェザー級王者のリー・セルビーさん。昨年にジョシュ・ワーリントンに敗れてから2月にライト級にて再起を果たしてIBFインターコンチネンタル王座を獲得しましたが2019年に世界タイトル戦をしたいと話しています。

 

セルビーは2015年に王座を獲得しましたがその頃からフェザー級のウェイトを作るのが困難だったそうですな。そして数年前に上げておけば良かったと話しています。

 

"俺は大柄だからキャリアを通してウェイトを作るのはいつも問題だった。理想を言うと2015年にタイトルを獲得してからすぐに返上するべきだったね。初防衛戦の後正しくパフォーマンスができなかったからね。試合前の2、3週間前ならグレートなんだけど最後のウェイトを絞るとダメになってしまったんだ。ウェイトを作ることは俺にとってはノーマルなことではなかったね。ウェイトを作ってからの回復もうまくできなかったしね。だけどこれからはウェイトを作ることに苦労しないし、回復もできるようになるからこれまでとは違ったスキルを出せるようになる。特にパワーの違いがパフォーマンスに出るだろうね。"

 

セルビーさん確かにフェザー級では大きかったけどパワーなかったもんな。

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com