ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

船井、アンカハス試合後のコメント!updates!

昨日行われたIBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ。王者のヘルウィン・アンカハスが得意のワンツーからの左ストレートを何度も突き刺して指名挑戦者の船井龍一を7ラウンドに目の腫れによるドクターストップ勝ちで退けましたが両者の試合後のコメントがございます。

f:id:TBT:20190506173727j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

試合は4ラウンドに左ストレートを打ち込んだアンカハスに船井は大きくふらついてそこからはほとんど一方的ながらも船井はダウンを拒否してさらに打ち返して前に出るという驚異的なファイティングスピリットを見せてアメリカのカリフォルニアの会場とESPNの視聴者を沸かせましたな。

 

船井はこれが初めての日本を出た海外での試合で爪痕を残しましたが30歳を超えていることもあり今後への言及はしておらず、アンカハス戦については少し勇敢にまっすぐ行き過ぎたとコメントしていますな。

 

"ドクターのストップはいつもよりも早く感じたし、少し雑に感じたね。当たり前のことかもしれないけど俺はいつも通り試合が続けられたと思ったし、今でもそう思ってるよ。だけども俺が多くのパンチを受けすぎてたってのも事実だよね。"

www.boxsharpjab.com

 

 

古くは山中慎介との8回戦で敗れたり、ロリー松下の持つOPBF王座に挑んで意識を失いながらも後半まで戦う驚異的な戦闘反応を持つ船井さん。引退でも続行でもハートを持った良い選手ですので決断をリスペクトしたいですな。

 

続いて7度目の防衛を果たして見事にTKO勝ちで指名挑戦者を退けて最近のパフォーマンスの低下を払拭したアンカハスさん。船井のファイティングスピリットを認めておりますな。

 

"船井はチャンピオンのハートを持ったファイターだった。船井は俺のベストパンチをもらってもまだ前に来たからね。船井にはリスペクトしかないよ。これはかなり長い間の中でこの試合に向けたトレーニングキャンプはベストだった。俺たちはトレーニングを少し変えて栄養士を雇ってチームに入れたんだ。そしたら今回の試合に向けたウェイトを作ることはとても簡単になったんだよ。それが今夜みんなに見せられたことかな。俺はスーパーフライ級でグレートに感じてるし、このウェイトで長くやれるんじゃないかなと思う。"

 

ちなみにアンカハスはヤフーニュースでバンタム級に上げる可能性があると話してましたがそれはフィリピンのニュースとのことで信憑性は薄いかな。本人的にも体格を生かせるスーパーフライ級でやったほうがいいと見てるようですしね。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com