ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

マリナッジさんカーンについていけず…アミール・カーンvs.ポール・マリナッジ

こんにちは管理人です。

今日は2010年にアメリカのニューヨークで行われたWBA世界スーパーライト級タイトルマッチ

王者アミール・カーンvs.ポール・マリナッジの一戦です!!

f:id:TBT:20190430171417j:image

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

この試合はカーンの2度目の防衛戦。オリンピック銀メダリストのカーンは早くから世界を嘱望されてきたスピードスターでプレスコットにKOされたもののコテルニクを下してついに世界王座までたどり着き、アメリカデビューを迎えましたな。

マリナッジは元IBF王者。キャリア初期に致命的な拳のけがを負ってからKO勝ちをすることはほとんどなくなったもののとにかくよく出るジャブでミゲール・コットと熱戦を繰り広げましたな。

 

そしてこの試合はカーンが圧倒的なスピードでマリナッジを圧倒!マリナッジは試合中に伸びていた髪を切るなどいろんな対策をしたものの一方的にパンチを当てられてレフェリーが11ラウンドに試合をストップしました!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

カーンは速射砲のジャブをついてマリナッジは入り際に左フックを狙う。

マリナッジはジャブをつくがカーンの方が速く、より伸びてくる。

カーンは中盤飛び込んで左フックを当ててジャブで顔を弾く。

カーンは右クロスを当ててマリナッジは少し戸惑っている。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

2ラウンド

カーンはアウトサイドからワンツーを放ってすぐに離れる。

マリナッジは近づいてボディを放つがパワーがない。

中盤カーンは飛び込んでワンツーを当ててマリナッジは顔が弾かれる。

マリナッジは終盤もジャブを当てられて反応が間に合わない。

 

3ラウンド

マリナッジは間合いを取ってうるさいジャブをつくがガードに弾かれる。

カーンはマリナッジの打ち終わりに踏み込んでワンツーを当ててくる。

カーンは中盤右ストレートを決めるがマリナッジも左フックを返して実力を見せる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

カーンはマリナッジの周りを回ってマリナッジのジャブにジャブを合わせる。

カーンは踏み込んでの右ボディを決めてガードの低いマリナッジにヒットを重ねる。

中盤にはマリナッジが左フックを決めるがカーンもワンツーからの左フックを決める。

 

 5ラウンド

カーンはジャブで顔を弾いてマリナッジの顔面が紅潮してくる。

カーンはフェイントから左ボディを決めてマリナッジは少し嫌がっている。

マリナッジは組みついてボディを放つが効果的なパンチは出せない。

 

 

 6ラウンド

カーンはワンツーから左フックをロングで当ててマリナッジは仰け反る。

さらにダブルでジャブを当てて一方的にダメージがマリナッジに溜まる。

カーンはしっかりとガードを上げてかなり集中している。

カーンはマリナッジのジャブのうち終わりにワンツーを返して間合いを掌握する。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

マリナッジは踏み込んでワンツーを放つが威力にかけるためあまり怖くはない。

カーンはマリナッジのワンツーを外してジャブをコツンと当ててかなり美しいボクシング。

終盤にも強めのジャブを当てて顔面を揺らしてくる。

 

 8ラウンド

カーンは速いジャブをついてマリナッジはあんまりついていけない。

ワンツーからの左ボディがよく当たってマリナッジは口も開いて苦しくなる。

中盤にもどんどんワンツーをついてマリナッジは下がるシーンが増えてきてしまう。

マリナッジはボディを出すがポイントを奪うまでには至らない。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 9ラウンド

カーンはワンツーを当ててさらに打ち下ろしの右を当てる。

マリナッジはまともにはもらわないものの顔面が腫れてきて少し運動量も減ってきた。

中盤カーンの右打ちおろしからの左フックで顔を跳ねられて行動パターンも読まれてしまう。

終盤にはジャブで顔を弾いて少し一方的になってくる。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

カーンはワンツーをどんどん放ってマリナッジを追い込む。

カーンは中盤ワンツーから右ストレートでマリナッジの顔を弾いてマリナッジのジャブにジャブをダブルで返す。

終盤もフェイントからのジャブを当ててマリナッジはパンチを出せずに下がることが多くなる。

 

 

11ラウンド

ダメージを心配してドクターチェックが入るマリナッジ。

カーンはチャンスと見て前に出て圧力を強めてくる。

マリナッジは左右ボディをパワフルに返すがワンツーをすぐに返される。

レフェリーもマリナッジの様子を見ており、左フックを返すなど対抗してくるが下がるためめっちゃ見られる。

そしてジャブからまたジャブをもらってまっすぐロープに下がるとレフェリーが試合をストップした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

この頃は凄い奴が来たと思ったのになぁ…

 

個人的にはこの試合がカーンのベストバウトだと思っており、ここまで集中しているカーンはなかなか見られない。ほとんど完璧な内容でマリナッジを仕留めましたな。

 

マリナッジが苦しいのはどうしてもパワーがないこと。キャリア初期に致命的な怪我をしたそうで強くパンチを打てないことがカーン相手には苦しいところだったな。

 

カーンはこの後ジュダーにも勝利してスター街道まっしぐら!しかしピーターソンにまさかの敗北を喫してそこからガルシアにしばかれてしまいましたな…

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com