ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

グラナドスさんガルシアのフックの前に沈没…ダニー・ガルシアvs.アドリアン・グラナドス 試合後のコメントもあり!

こんにちは管理人です。

今日は2019年4月20日にカリフォルニア州で行われたWBCウェルター級シルバー王座決定戦

ダニー・ガルシアvs.アドリアン・グラナドスの一戦です!!

f:id:TBT:20190422000807j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はガルシアの再起戦。2階級を制してきたガルシアはウェルター級でキース・サーマン、ショーン・ポーターに敗れたもののウェルター級のトッププレーヤーの1人。ポーターに負けて以来の再起戦ですな!

グラナドスはめちゃくちゃタフな選手。スーパーライト級コンテンダーのアミール・イマムに初黒星を与えてショーン・ポーター、エイドリアン・ブローナーを苦戦させているとにかく前に出てくるファイターですね!

 

そしてこの試合はガルシアが得意のカウンター左右フックでグラナドスを痛めつける形で圧倒!!グラナドスを3度ダウンさせて7ラウンドにストップ!!グラナドスにキャリア初のTKO負けをなすりつけてウェルター級のトップであることを証明しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

ガルシアはいきなりジャブを当ててグラナドスは初回から積極的にワンツーを放つ。

ガルシアもワンツーを振ってグラナドスもジャブをお返し。

グラナドスは中盤コンビネーションの打ち終わりに左フックを当ててガルシアは右ストレートをサイドへの動きに合わせて当てる。

 

2ラウンド

ガルシアは左ボディをダブルで打ち込んでグラナドスは構わず前に出る。

グラナドスも右クロスを決めて右ストレートで踏み込んでくる。

さらに中盤追いかけて右のダブルを当ててワンツーからの左アッパーを出そうとするもののそこにガルシアは左フックをカウンター!!まともにもらったグラナドスは後方によろめきながら尻餅をつくダウン!!

立ったもののダメージはありありでガルシアは冷静にワンツーを放ち追い詰めていく。

そして終盤接近戦でグラナドスが放った右フックをかわした後に右スイングを当てるとグラナドスは後方に吹き飛ぶダウン!!

よく立って来たがこれはかなり苦しくなった!

 

3ラウンド

ガルシアはどんどん前に出て接近戦で左フックをねじ込むとグラナドスはよろよろと後退。

ワンツーと左フックでグラナドスを追い詰めていく。

グラナドスは下がらされてしまいかなり苦しい。左右ボディを差し込まれてガルシアのクレバーさが光る。

グラナドスもジャブを中盤に返すがロープに詰められて左フックを相打ちでもらう。

さらに終盤鼻血を出しているグラナドスにガルシアは右ストレートをヒット。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ガルシアは左ボディを差し込んで思いっきり右スイングを当てる。

さらに右ストレートから左フックをロングで当てて顔面をひっぱたいていく。

中盤にはワンツーを当てて動き出しに右ショートを当ててグラナドスはロープに追い詰められる。

終盤も面白いようにガルシアのロングの左フックが当たり一方的になってくる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 5ラウンド

ガルシアは左右フックをねじ込んでグラナドスのジャブにフックを合わせる。

さらにロープに追い詰めて右ボディからの左フック、右ストレートを当てるとグラナドスはダウン!!

苦しいグラナドスはフックを振るもジャブをカウンターで当てられてジャブに右クロスを合わせられる。

さらに中盤ひっぱたくような左右フックを当ててグラナドスの顔面を揺らす。

さらにガルシアは打ち下ろしの右からのすくい上げるような左フックを決める。

 

 6ラウンド

ガルシアはグラナドスの打ち終わりに左フックをショートで狙う。

ガルシアは右ストレートをコツンと当ててグラナドスをどんどん追い込んでいく。

グラナドスは肉薄してめっちゃ頑張るもののガルシアは重いボディを差し込んでいく。

 

 7ラウンド

ガルシアは左右ボディを打ち込んでグラナドスは諦めずに前に出る。

ガルシアはグラナドスに近づかれるとクリンチして動き出しに右フックを当てる。

そしてこれが効いたグラナドスはロープに下がりガルシアが6発の左右フックのコンビネーションをまとめたところでレフェリーがストップをかけた!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

ガルシアさんパワー増してるな…

 

やっぱりガルシアのカウンターは当たるとやばい。そしてウェルター級では少し鳴りを潜めていたその強打がだんだん力みを増して来てますよね。

 

グラナドスはめっちゃ頑張ったしファイターとしての姿勢は素晴らしかったけど相性的に最悪。 6ラウンドに接近戦に持ち込んだとこ以外見せ場がなかったかな…

 

以下は試合後のコメントです!

 

ガルシア"前にも言ったけどダニー・ガルシアがベストな状態だったら勝てるやつなんていない。俺はこの試合に向けて110%の準備をしてきたし、誰にも負けるはずがなかったよ。今回のパフォーマンスでパッキャオがビビってないといいな。ショーン・ポーター、キース・サーマンとのリマッチもやりたいしエロール・スペンスともやりたいよ。トレーニングキャンプはよりハードによりスマートに行った。俺の体はさらに大きく、強くなっている。真のウェルター級に成長してるしグレートな気分だよ。俺がグラナドスを最初にKOしてやったよ。"

 

グラナドス"俺はガルシアをKOして俺の存在を知らしめなきゃならなかった。でも今回はできなかったね。"

 

これでガルシアは次の試合はおそらく世界タイトル戦。パッキャオかポーター、サーマン辺りへの挑戦が濃厚と見られますな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com