ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

エストラーダさん何気にロマゴンに苦戦を強いる…ローマン・ゴンサレスvs.ファン・フランシスコ・エストラーダ

こんにちは管理人です。

今日は2012年に行われたWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

王者ローマン・ゴンサレスvs.ファン・フランシスコ・エストラーダの一戦です!!

f:id:TBT:20190413141028j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はゴンサレスの5度目の防衛戦。後に4階級を制覇するゴンサレスはここまで無敗でライトフライ級ではあまりの強さに対戦相手が見つからずにこの試合の前の試合もノンタイトル戦。フライ級から下げてきたエストラーダを迎え撃つこととなった。

エストラーダは後にスーパーフライ級王者となるファン・カルロス・サンチェスに敗れたもののそれ以外は無敗。後に王者となるフライ級のコンテンダーながらライトフライ級に下げて今回のチャンスに飛び込んできた。

 

そしてこの試合はエストラーダがめっちゃ善戦。ロマゴンの圧力を受けても必ず打ち返して真正面から2人は12ラウンドに渡る戦争のような打ち合いを展開してゴンサレスがその中で有効打で上回って判定勝ちを収めた!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

エストラーダはガードを高めて前に来るゴンサレスにコンビネーションで応戦して間合いを保つ。

中盤にはガードの上から4発コンビネーションを当ててゴンサレスを近づけさせない。

ゴンサレスはジリジリ前に出てボディ打ち、アッパーのコンビネーションで圧力を強める。

 

2ラウンド

エストラーダは射程距離に入られると右ストレートを強く振る。

ゴンサレスはフックとアッパーを使って間合いを詰めると離れ際にフックを放つ。

中盤にはロープに詰めるもののエストラーダは打ち返して手数で応戦する。

ゴンサレスは終盤詰めてボディを打つがエストラーダは必ず打ち返して素晴らしい打ち合いとなる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

エストラーダは入り際にボディ、ガードの外からフックを振る。

ゴンサレスは中盤踏み込んで左フックを当ててエストラーダは左アッパーを返す。

エストラーダはボディ打ちから離れてゴンサレスのコンビネーションをスウェーで外す。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ゴンサレスはボディを打ち込んでコーナーに詰めて連打するがエストラーダは打ち返してくる。

中盤にはボディから左アッパーをエストラーダに当てるがエストラーダは必ず打ち返して激闘となる。

ゴンサレスは中盤コンビネーションでエストラーダを守勢に回らせこのラウンドは手数と圧力で上回る。

 

 5ラウンド

ゴンサレスは前に出てエストラーダは間合いを保ちながらワンツーを放つ。

エストラーダは中盤入り際に左フックをカウンターするがゴンサレスは構わず前に来て左右アッパーから右ストレートにつなぐ。

さらにワンツーから距離が詰まると左右アッパーを出して手数が止まらない。

 

 6ラウンド

ゴンサレスは前に出てワンツーを放ち頭を振って前に出る。

エストラーダはジャブをついてゴンサレスは間合いを詰めて右アッパーをショートで当てる。

中盤ゴンサレスはロープに詰めてコンビネーションを放つがエストラーダはもらっても打ち返してくるためゴンサレスも一気に出れない。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

エストラーダは常に動いて同じ位置にとどまらない。

エストラーダは左右ボディから顔面にショートフックを中盤返す。

ゴンサレスは終盤コーナーに詰めるがエストラーダは打ち返して目が死んでいない。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 8ラウンド

ゴンサレスは飛び込んで左フックを当ててワンツーでエストラーダを下がらせる。

ゴンサレスは左右アッパーで何度もエススラーダの顔を弾くがエストラーダはなぜか打ち返してくる。

エストラーダは打ち終わりにサイドに動いてかなり集中している。

 

 9ラウンド

ゴンサレスは少し疲れたのか手数が落ちてくる。

ゴンサレスは中盤左フックでエストラーダの顔を弾く。

エストラーダは終盤ボディからアッパーをにつないで踏み込んでコンビネーションを放つ。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

エストラーダは前に出てワンツーからフックを返してすぐに下がる。

ゴンサレスは中盤ボディから左右アッパーを当てて少し下がらせるがエストラーダはタフで効いたそぶりを見せない。

 

11ラウンド

エストラーダは間合いを保ってジャブを放ち右ボディを差し込む。

ゴンサレスは大振りのフックからの左アッパーを浅く当てるがエストラーダはすぐに打ち返す。

終盤ゴンサレスのボディがいいタイミングで当たるがエストラーダは苦にしない。

 

 12ラウンド

ゴンサレスはガードを固めてエストラーダのコンビネーションを受ける。

エストラーダは左アッパーを当てて左右フックを当てるなどマジですごい。

ゴンサレスも前に出てボディ打ちを敢行。譲らない。

 

判定は118-110が1人、116-112が2人の3-0でゴンサレス!!

ちなみに僕は116-112でゴンサレスでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

ノンストップアクションやな…

 

この試合がもし重量級だったとしたら間違いなくどちらかが倒れていたでしょうな。そのくらい両者の被弾率も高くて軽量級だからこその試合でした!

 

ちょっと思い出したのは八重樫東vs.ポンサワン・ポープラムックかな。あの試合もポンサワンの打たれ強さが際立ちましたがパンチ自体がそこまで重くないからと言えます。

 

エストラーダはこの後フライ級統一王者に。この試合を見てこいつは多分世界王者になるなと思ったけど期待以上の活躍を今でもしてくれておりますな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com