ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

本当に木村の減量は影響ないのかね?カルロス・カニサレスvs.木村翔予想

こんにちは管理人です。

今日は2019年5月26日に中国で行われる予定のWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

王者カルロス・カニサレスvs.木村翔の一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190414183202j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はカニサレスの2度目の防衛戦ですね!

 

両者の紹介

 

カルロス・カニサレスについて

カニサレスは1993年生まれの26歳。ベネズエラのカラカス出身で日本のリングには田口戦、小西戦の2試合に出場。昨年は7月にプロ2戦目のビン・ルーを相手にマレーシアで12ラウンドKO勝ちで防衛しており10ヶ月ぶりの試合となります。

 

戦績は21勝17KO1引き分け無敗。引き分けは当時のレギュラー王者だった田口良一に挑戦して引き分けたものでその後神戸で小西伶弥を相手に田口のスーパー王者認定に伴うレギュラー王者決定戦を行なって判定勝ち。アジアでの世界戦に勝ち抜いてきています。

 

この戦績が示す通りの強打者で田口と小西は彼の振り回す大振りのフックとクリンチワークに苦戦。木村もかなりの強打者のためかなり面白い試合となりそうだ。

 

選手としての特徴はその重いパンチを振り回す強打者。特に序盤はかなり怖く後半のスタミナを度外視して振り回してくるため序盤でのKO勝利が極めて多い。

 

中盤になると疲れてくるのも特徴だがそれでも動き回ることはやめないし、手数を出すこともやめない。ボディ打ちに弱いものの耐えきるタフさもありごまかしがかなりうまい選手である。

 

また、アジアではこれが4試合目で世界戦は全てアウェー。そのため今回の試合でもいかんなく実力を発揮してくると見られ木村との我慢比べの試合になりそうだ。

www.boxsharpjab.com

 

 

木村翔について

木村は1988年生まれの30歳。埼玉県熊谷市の出身で現在は東京に住んでおりますな。プロデビュー戦では初回KO負けを喫したものの世界王座までたどり着いた雑草ボクサーとして有名です。

 

ここまでの戦績は18勝11KO2敗。これまでの実績としてはWBOパンパシフィックフライ級王座を獲得。さらに敵地中国のど真ん中でオリンピック金メダリストのゾウ・シミンを11ラウンドTKOで破る大波乱を起こしてWBO王座を獲得しております。

 

この経緯から木村は中国でめちゃくちゃ人気者。初防衛戦では指名挑戦者で元WBC王者の五十嵐俊之を 9ラウンドTKOで破りオリンピアンをまた狩り、2度目の防衛戦ではビック・サルダールの弟のフロリアンを中国にてボディでKOしています。

 

そして昨年田中恒成の3階級制覇をかけた試合で田中の地元に乗り込んで防衛戦。2-0の判定負けを喫した王座を陥落したもののスリップとされた裁定ではあるものの田中からダウンを奪いこれがダウンとみなされていればドローでしたな。

 

ちなみに田中との試合はもはや戦争。お互いの意地がぶつかり合う名勝負となりこの年のファイト・オブ・ザ・イヤーに選ばれるなど世界からも注目を集めましたな。

 

選手としての特徴はとにかく振り回してくるファイター。中間距離から高くガードを上げて前進して射程距離に入ると思いっきりガードの上からでもワンツー、左右フックを振り回してくるパワーファイターですな。

 

木村はマジで振り回すことに躊躇がなく、鍛え抜かれたそのフィジカルから放たれるパンチ力はまさしく豪腕。12ラウンドそれを続けるスタミナもありスタミナに難のあるカニサレスにはボディ攻撃としつこさが有効だ。

 

ただ不安要素はライトフライ級に下げることで減量がどうなるか。本人はフライ級は楽に作れるし、ミニマム級でもいけると語ってましたがあんなにフィジカル強いのに本当かな?と思いますな。

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想だが木村の10ラウンドTKO勝ちでいきたいと思います!!

 

想定としてベストな木村が出てくることが前提だが木村のあのえげつない大振りのボディがモノを言ってカニサレスを削る展開になると思う。

 

木村はいつも通り間合いを詰めてプレッシャーをかけてカニサレスは下がりながら射程距離に入られると左右フック。近づかれるとクリンチの流れ。

 

木村は開始から思いっきり振り回してガードの上からでも御構い無しに当ててカニサレスも振り回すためもみ合いの多い展開になると思う。その中でも木村のボディ打ちと思い切り振り回すパンチの圧力にカニサレスは耐えられなくなる。

 

そしてカニサレスは中盤ごろからボディが効いてきてインアクティブによるスタミナ不足もあり10ラウンドにロープに詰まって連打を浴びてダウン!!立ち上がったものの木村の連打からのボディをもらって座り込むようにダウン。レフェリーが止めに入る!こんな感じかな。

 

もちろん願望も込みなんですけど木村が相性的にも優ってる気がするな。カニサレスはどうしても後半落ちるし反面木村は後半にかけてもマジで落ちてこない。激しい打ち合いになるだろうけど木村のボクシングは野生的で期待してしまいますね笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com