ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

坂田さんまさかまさか…坂田健史vs.デンカオセーン・カオウィチット

こんにちは管理人です。

今日は2008年大晦日に行われたWBA世界フライ級タイトルマッチ

王者坂田健史vs.デンカオセーン・カオウィチットの一戦です!!

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は坂田健史の5度目の防衛戦。ロレンソ・パーラに三度目の正直で勝利して奪った王座はデンカオセーンと引き分けたり、山口からダウンを奪われたり色々と苦難を乗り越えながらなんやかんやでしぶとく5度の防衛に成功したファイターですな。

デンカオセーンは勝ってたのに減点されて引き分けになった不運な男。2002年にもエリック・モレルに挑戦するなど長い間老獪なボクシングでトップ戦線に居座ってきた古豪である。

 

そしてこの試合はデンカオセーンが2ラウンドに強力なフックを坂田の首にヒットしてまさかのKO勝ち!!これから何度も日本のリングに登場する彼の初戴冠試合となった!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

開始からデンカオセーンは前に出て右ストレートを振ってくる。

坂田はガードを上げて右クロスを返す。

デンカオセーンは明らかにKOを狙っており初回からどんどん振り回して肉薄してくる。

デンカオセーンの圧力が強く坂田はなかなか手が出せずにジャブで顔を弾かれる。

 

2ラウンド

デンカオセーンはくっついて左右フックを振り回してガードの外から右フックを叩きつけてくる。

坂田は接近戦で左ボディを差し込んでデンカオセーンもフックを返す。

デンカオセーンは中盤坂田のジャブに右フックをクロスでカウンター。

中盤接近戦で坂田が回転のいい左右ボディを放つがデンカオセーンも振りの強いパンチを返してくる。

そして終盤にデンカオセーンの右フックが坂田のガードの外から首の辺りにクリーンヒット!効いた坂田は足がふらついてダウン!!そのまま仰向けに倒れて上体をなんとか起こしたものの10カウントを聞いた!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

どこに当たったのか見えんかった…

 

デンカオセーンはかなりの強打者で戦績が示す以上にパンチはありますよね。接近されると出せるパンチが一気になくなるんですけどこの試合ではうまく右フックのショートを叩き込んだかな。

 

坂田もなんとか立とうとしたけどあれだけまともにもらってふらつくぐらいだから回復不能だったんだろうな…首か顎に当たったのかよくわからんかったけど。

 

ちなみに坂田は亀田大毅に敗れて現役引退。デンカオセーンは亀田大毅に敗れて2階級制覇を後に達成しましたが河野に敗れて隣人に刀で切りつけられたらしいですな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com