ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ゲレーロさんガルシアのカウンター作戦に屈する…ダニー・ガルシアvs.ロバート・ゲレーロ

こんにちは管理人です。

今日は2016年アメリカで行われたWBC世界ウェルター級王座決定戦

王者ダニー・ガルシアvs.ロバート・ゲレーロの一戦です!!

f:id:TBT:20190407135352j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はメイウェザーが返上したタイトルの決定戦ですね!

ガルシアは元スーパーライト級統一王者でここまで無敗。前戦では2階級制覇王者のポール・マリナッジと対戦してパワーでまさり9ラウンドTKO勝ち。2階級を制するべくタイトルへの挑戦のチャンスを得ました。

ゲレーロは元WBCウェルター級暫定王者で4階級制覇の実績を持つファイター。白血病の奥様のために王座を返上して看病に専念するなど男気溢れる選手でメイウェザー、サーマンには敗れたものの今回の返り咲きのチャンスを得ましたね。

 

そしてこの試合は前に出るゲレーロに対してガルシアは得意の大振りのフックのカウンターを的確に当ててポイントをリード。見栄えのいいショットで判定勝ちを収めて不満なゲレーロをよそに2階級制覇に成功しました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

ガルシアは右ストレートを打ち込んでゲレーロは左右フックで前に出てくる。

ゲレーロはサウスポースタンスからガルシアの右に左右フックをカウンターしてジリジリ前に出てくる。

ゲレーロはガルシアの入り際にフックをカウンターして左ボディで踏み込む。

終盤にはカウンターのワンツーから左フックを返しで当ててヒットをガルシアから奪う。

 

2ラウンド

ゲレーロはワンツーで踏み込んでガルシアのお株を奪うように左フックを返す。

ガルシアはジャブをついて中盤ゲレーロの打ち終わりに左フックをヒット。

ゲレーロは踏み込んでダブルの左を浅く当てる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

両者はもみ合いでもフックをねじ込んでゲレーロはグイグイ前に来る。

ゲレーロは前に来ると左ストレートを伸ばしてガルシアの振り回すスペースを奪う。

さらにもみ合いの中でもフックをねじ込んでフィジカルファイトに持ち込む。

ガルシアは終盤浅くカウンターの左フックを当てて距離感を掴み始めてきたようだ。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ゲレーロは前に出てワンツーを放ち左で顔を弾く。

ガルシアは左右ボディを差し込んでゲレーロも左ボディを返す。

もみ合いではゲレーロが強くフックとアッパーをコツコツ当てる。

ガルシアは入り際に右アッパーを狙い始めて左ボディを打つとゲレーロは左アッパーをカウンターするなどレベルの高い試合となる。

 

 5ラウンド

ゲレーロは序盤左ストレートをクリーンヒットさせてガルシアをのけぞらせる!

ガルシアは左右ボディを返して間合いを取る。

ガルシアは残り1分で入り際にワンツーをカウンター!タイミングが合ってきた。

さらに終盤もみ合いで左右ボディを当てて左ボディで下がるなど調子が出てきた。

 

 6ラウンド

ガルシアはいきなりの右フックを当ててゲレーロはだんだん踏み込めなくなる。

中盤ワンツーを当ててゲレーロが近づくとクリンチ。

ゲレーロの入り際に右リードを当てて巻き返しにかかる。

さらにロープを背負いながらの右フックでロープを脱出するなど空間を把握している。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

ガルシアはロープに詰められても右フックを強振して態勢を入れ替える。

中盤にもゲレーロの入り際に強烈な右フックをカウンターして見栄えのいいショットを当てる。

ゲレーロは前に出ていくものの有効打を当てられずガルシアの右フックを被弾する。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 8ラウンド

ガルシアは左フックのカウンターを振り始めてジャブで顔を弾く。

さらに入り際に右ボディをカウンターしてゲレーロも左フックをさらにカウンターで返す。

ゲレーロは終盤間合いを詰めてワンツーで肉薄してジャブを当てる。

 

 9ラウンド

ゲレーロは前に出て序盤左ストレートを当ててもみ合いに持ち込む。

ゲレーロはガルシアのカウンターにガードをしっかり上げて対処。

ガルシアはフックではなく右ストレートを放ち始めて右ボディを差し込む。

終盤もガルシアが右ボディを差し込んで入り際に右フックをショートで決める。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ガルシアは遠い間合いからワンツーを振って間合いをキープする。

ゲレーロはガルシアのカウンターを警戒して少し手数が下がり甲乙つけがたいラウンドとなる。

 

11ラウンド

ガルシアは中盤左右フックを振り回してゲレーロの入り際に右ストレートをカウンター!

ゲレーロは終盤左右ボディを返すがガルシアは右のカウンターを使って見栄えのいいパンチを当てる。

 

12ラウンド

ゲレーロは前に出てもみ合いに持ち込むがガルシアは離れると右フックをショートで当てる。

ゲレーロは中盤体ごと押し込んでボディ打ちを敢行。左右フックの打ち合いとなる。

終盤は激しく打ち合うがガルシアが右ボディを軸にヒットを高めてゴングが鳴る。

 

判定は3人とも116-112でガルシア!

ちなみに僕は114-114でドローでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

やっぱりガルシアのカウンターはすごいな…

 

ガルシアって身体能力的には全然優れてないしパワーもそこまでないんですけどタイミングの良さと相手をよく見て試合中にアジャストする頭脳がすごいですよね。

 

この試合でも最初の4ラウンドはゲレーロのフルマークかなと思ってましたがガルシアが後半巻き返したかなって感じです。ただガルシアの勝ちはちょっとないかなと個人的には思ったけど笑笑。

 

ゲレーロはこの後フィゲロアに敗れて引退。しかし昨年リングに戻ってきてチューンアップバウトを中心にまたウェルター級で世界を目指しておりますな。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com