ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

カネロ"今はジェイコブスのウェイトのことは考えてない"ジャーメイン・フランクリンupdates!

先日の30日前計量にてカネロは悠々クリアしたもののジェイコブスは現時点で175ポンド。カネロよりもかなり大きなウェイトで上がりましたがカネロは現時点では気にしてないとしています。

f:id:TBT:20190414122253j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

ちなみにこのウェイトはジェイコブスがゴロフキン戦の時のウェイトと変わらずでこの試合でジェイコブスはIBFの当日計量を放棄しています。そのことから一部ではまたジェイコブスが勝ちに徹してくるのではないかと見る向きもありますな。

 

"今はそのことについては考えていないよ。このスポーツで減量することは大きな要素なんだ。これは俺たちのスポーツに伴う犠牲のようなものだしそこにアプローチするやり方は全てのファイターで異なるからね。一気に落とす奴もいれば徐々に落とす奴もいる。だから特にジェイコブスのウェイトに今は注意してない。全ての選手で違うからね。ウェイトを削ることはいつもこのスポーツの一部でみんな必ず必要とする犠牲なんだよ。俺たちはハードなトレーニングを積んでいるし、ウェイトは自然に落ちていっているね。"

 

たしかにジェイコブスは前科ありやからな笑笑。まぁ良いか悪いかは置いといてジェイコブスはIBFをまた放棄することも考えられますよね。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてヘビー級プロスペクトのジャーメイン・フランクリンさん。アトランティックシティにてSHOTIMEのイベントでかつてアメリカのトップアマだったライデル・ブッカー相手に判定勝ち。18勝全勝をマークしましたな。 

 

しかしながら目指す場所は高いようで、それなりのパフォーマンスはできたもののミステイクを修正していくとかなり真面目なコメントをしてくれています。

 

"今夜の俺のパフォーマンスはまぁまぁ確かなパフォーマンスだったと思う。でも修正できるポイントは確かにあった。少し警戒しすぎたし、ルーズになってしまったこともあるよ。ブッカーには俺よりも多くの経験値があってそれを有効に使われてしまった。彼には俺がしてくることがわかるようだった。俺は何回か効かせたんだけどその時に行きすぎてしまった。だからより我慢強くなることを学んだよ。修正はもう頭の中で始めてるしこれからまたジムに戻って実践するよ。次に俺のがまたリングに上がる時には俺はより強くなってより良い選手になってみんなにもっといいパフォーマンスを見せたいな。"

 

おおお…なかなかの優等生コメント。アメリカのヘビー級は怖い人ばかりやと思ってたけどな…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com