ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ヘスタさんリナレスにはさすがに勝てず…ホルヘ・リナレスvs.メルシト・ヘスタ

こんにちは管理人です。

今日は2018年に行われたWBA世界ライト級タイトルマッチ

王者ホルヘ・リナレスvs.メルシト・ヘスタの一戦です!!

f:id:TBT:20190407193457j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はリナレスの3度目の防衛戦。WBC王座に続いてクローラから敵地マンチェスターで奪った王座はクローラとのリマッチ、金メダリストのルーク・キャンベルと英国陣営を下して防衛してきましたね。

ヘスタはかつてIBF王者だったミゲール・バスケスにパッキャオの前座で挑戦して敗れたファリピーノ系。サウスポーの強打者でバスケスにレッスンされた後はトップランクに見切りをつけられてしまいましたが連勝して戻ってきましたな。

 

そしてこの試合はリナレスがハンドスピードとコンビネーションでヘスタを圧倒!ヘスタのカウンターの右フックをかわしてワンツーを軸にヘスタをポイントアウトして大差判定勝ちを収めています。

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポーのヘスタは開始からワンツー、スリーまで放ってチャレンジャー精神を見せる。

リナレスは突っ込まれるとクリンチして右フックをねじ込む。

リナレスは中盤ヘスタのワンツーに右アッパーをカウンターで狙い、接近戦で右ショートフックを何度も放つ。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

2ラウンド

リナレスは踏み込んでワンツーを放ち、ヘスタは左ボディをカウンターで狙う。

中盤リナレスはワンツーの右を浅く当ててヘスタもまともにはもらわない。

リナレスは終盤左右ボディを決めてヘスタが接近するとクリンチする。

 

3ラウンド

ヘスタは積極的にワンツーを放ち動き出しにもジャブを狙う。

リナレスは序盤鮮やかにワンツーを当ててヘスタの側頭部を叩く。

さらにガードの隙間から右ストレートを当ててヘスタは反応が間に合わない。

さらにボディを放ってヘスタの手数が萎縮からか少なくなる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

ヘスタは左ボディを浅く当ててコンビネーションを放つがリナレスにブロックされる。

リナレスはボディからワンツー、ワンツーの打ち下ろしとつないでいく。

さらに終盤ヘスタの入り際に左フックを合わせて浅く当てる。

 

 5ラウンド

ヘスタは序盤突っ込んで左ストレートを浅く当てるがリナレスはすぐ離れる。

リナレスはヘスタのうち終わりにコンビネーションを返してくる。

リナレスは終盤右リード、ボディへのコンビネーションをクリーンヒット!ヘスタはもっとこいとジェスチャーする。

 

 6ラウンド

ヘスタはリナレスを追い回してとにかく手数で押してくる。

リナレスも右を返して打ち終わりに撃ち落とすような右、中盤に右ストレートをクリーンヒットさせる。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

リナレスは右から左アッパーをつないでこれを当てる。

ヘスタはもみ合い、クリンチしながらアッパーを繰り出してリナレスもボディで応戦する。

ヘスタは終盤左ストレートを当ててリナレスは左アッパーをヒット。どちらも引かない熱戦となる。

 

 8ラウンド

リナレスは鞭のような右を出してヘスタはよく反応してブロックする。

リナレスは弾くような右を当ててヘスタは顎を引いて受ける。

リナレスは右目尻から出血しながらもワンツーを軸に間合いを保つ。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 9ラウンド

ヘスタは手数を出してリナレスもコンビネーションで応戦する。

リナレスはワンツーでヘスタを下がらせたいがヘスタは前に出て食い下がってくる。

リナレスは残り1分で右リードをいきなり当ててヒット率では上回る。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

ヘスタはリナレスの右ストレートに右フックのカウンターを思い切り振って怖さを見せる。

リナレスは入り際にアッパーをよく当ててさっと下がる。

ヘスタは打たれても打たれても前に出てきてリナレスのパンチに慣れたようだ。

 

11ラウンド

リナレスは顔面に右ストレートを動き出しに当ててヘスタは多少もらっても前に来る。

リナレスは中盤右リードを浅く当ててヘスタのコンビネーションはヘッドムーブでかわす。

ヘスタは少し疲れたようだがよく踏ん張ってチャレンジャーの気概を見せる。

 

12ラウンド

リナレスはボディから顔面につなぐがヘスタもよく見て右フックを振る。

残り1分でリナレスの打ち終わりにヘスタの左が危険なタイミングで浅くヒット。

しかしリナレスが間合いをキープして無理に打ちあわずゴールテープを切る。

 

判定は118-110が2人、117-111が1人の3-0でリナレス!!

ちなみに僕は118-110でリナレスでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

最後危険やったぞ…

 

この試合はヘスタがよく頑張りましたかな。リナレスは基本的にワンツーが主武器で腕を振り回すスペースがいるので間合いを詰めてしまうと何も出せなくなる。

 

ヘスタはこれをわかっていて多少強引に前に出て行ったけどリナレスの右はそれでも当たるからこの辺りのタイミングの良さ、センスの良さは少し超え難かったかな。

 

ちなみにヘスタは最近まさかのKO負けを喫してトップ戦線から脱落。年齢的にもここからの巻き返しは苦しいと思われネクストパッキャオとはなりませんでしたな。

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

 

www.boxsharpjab.com