ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ヤルデ"ワイルダーとフューリーの試合にインスピレーションを受けたよ"updates!

ライトヘビー級トッププロスペクトでWBO王者のセルゲイ・コバレフへの指名挑戦者のアンソニー・ヤルデさん。昨年末に行われたワイルダーvs.フューリーの試合にかなりの影響を受けたそうです。

f:id:TBT:20190410222707j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

27歳のヤルデさんはここまで無敗の強打者。この試合を見てWBOの世界タイトルを取ると心に誓ったとのことですな。

 

"間違いないな。タイソン・フューリーとデオンテイ・ワイルダーは2人とも自分自身を証明したし大きな名声と期待をあの試合で得たよね。タイソンが背中から倒れたのに起き上がってきたのを見ただろ?驚いたのは彼のメンタルの強さと情熱だね。全体的に見てもファンタスティックな試合だったよ。いつもそうだったんだけどメイウェザーの試合を見たりしててテレビで試合を見ててもそのことが頭にあるんだ。時々試合会場にいなくてテレビで大きな試合を見ている時でも会場の雰囲気を感じて俺がそこにいるように感じるんだよ。これらのことはインスピレーションになるしモチベーションになる。だけども人々の期待に答えるのも考えものだよ。人々の期待に応えようとすると能力以上のことをしようとしてヘマをする時がある。そして悪い人たちが必要以上のことを求めてくるもんだからね。リングで俺たちがうまくやってるのにもそういう人たちは俺たちのことをけなしてくるもんだ。今俺もそういう人たちが俺の周りや世界中にいるんだなってことを感じてるんだよ。そういう人たちは初めから俺たちの味方になろうとはしていないんだ。俺たちを真っ向から否定してくるし、俺がキャリアの中で誰とも戦ってないとか経験不足だとかコバレフには勝てないとか決まってもないのに言ってくるもんなんだよ。だけど少し言っておきたいことがある。もしも俺がその人たちが言うように何もできないファイターならばきっと誰も俺のことなんて気にかけないと思うんだよね。だからいつも思うのは本当に俺が弱いとか思ってるのかな?ってことだ。俺は戦ってるし、他の人たちと同じレベルなんだ。他の人がやってることと変わらない仕事をやってるつもりだよ。でも俺は俺のことをすでにワールドクラスだと思ってくれてる人達とは本当にうまくやれている。そのことが本当に俺の心の支えなんだ。どこに行っても、どこまで行ったとしても批判してくるやつはいるもんだからね。"

 

 

ヤルデさんなかなかおしゃべりやな笑笑。フューリーとワイルダーの試合は語り継がれますな笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com