ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

トゥルーアックス"キーリンとの試合は負けた方がタフな状況に置かれる"updates!

元IBFスーパーミドル級王者で今週末地元のミネソタ州で元WBO世界ミドル級王者のピーター・キーリンとの大一番を控えるケイレブ・トゥルーアックスさん。この試合に負けた方はかなり苦しい立場になると理解しております。

f:id:TBT:20190410174925j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はIBFスーパーミドル級王者のケイレブ・プラントへの指名挑戦権がかけられており、どちらも35歳のベテラン。勝てば世界への扉がまた開きますが負ければ引退の危機に直面することになりますな。

 

"デゲールとのリマッチ負けた時俺は本当に感情的になっていたよ。だけど俺の試合へのアプローチはすごく良かったし、ベストを尽くしたんだ。そして俺の試合の稼ぎで家族を養えた。高すぎる金でもないけど低すぎてもいない。全ての試合において均一にアプローチしているんだ。全ての試合を世界戦のように扱っている。キーリンとの試合は勝者が全てを持ち去る試合だと思ってる。つまり負けた方は何も持たずに家に帰ることになる。この試合に勝てばまた世界戦ができるし多くの金を稼げる。負けたらどこに向かうのかわからないよ。この試合に負けた方は苦しい立場になるね。"

www.boxsharpjab.com

 

 

ちなみにトゥルーアックスさんは先日地元のミネアポリスが台風に見舞われたそうでリングがとても濡れたためスパーリングを回避したそうですね。

 

"めちゃくちゃ雨が降ったしリングも濡れていてしかも屋根からめちゃくちゃ水漏れもしてたんだよ。だから流石にキャンセルしなきゃならなかったね。でもここは俺のホームだ。ここは俺が生まれて育ってきた土地だしそのことをわかっていることが俺が必要なものだ。俺たちは考えられる限り最小限のアメニティで世界王者までたどり着いてきたんだ。だからストームなんかに負けたりしないさ。"

 

相手のキーリンもダニエル・ジェイコブスに負けて以来キャリアが停滞気味でここではトゥルーアックスと同じく後がない立場ですな。

 

"ロサンゼルスでPBCで対面した時俺はもう後がない気持ちだったけど彼はそうではないと感じたな。彼はすでに自分のレガシーや戦績に満足しているかのように言っていた。だから彼がハングリーなのかはわからない。だけど俺は家族を養うためにこの試合に勝たなければならない。それがモチベーションになっているよ。もしまた世界王者になったら船を買うよ。デゲールとのリマッチにも勝ったら買うつもりだったけど負けたから買わなかった。帰る限り最も高いクルーザーを買ってプールとか何もかもあるのがいいな。2度と俺のことをリングで見ないかもな。一年中釣りをしてるだろうからな。"

 

そのくらいの心意気でやらないとキーリンクラスには勝てないよな笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com