ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

こーれは危ない。危険やでぇ…マニー・パッキャオvs.アントニオ・マルガリート

こんにちは管理人です。

今日は2010年にアメリカのテキサス州で行われたWBC世界スーパーウェルター級王座決定戦

マニー・パッキャオvs.アントニオ・マルガリートの一戦です!!

f:id:TBT:20190312225820j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は151ポンドのキャッチウェイトで行われましたがパッキャオはウェルター級をも下回る144ポンドで計量パス。6階級制覇をかけた怪物パッキャオは圧倒的な体格差にもかかわらずこの試合前予想はかなり有利でした。

マルガリートはウェルター級3冠王。史上屈指とも言われるゾンビのような打たれ強さと打ち出すと止まらないコンビネーションが持ち味のブルドーザーのような選手で、ミゲール・コットに初黒星を与えたことで有名です。しかしモズリーに敗れたあとバンテージに石膏を入れていたことが発覚。この試合は当初予定されていたラスベガスではなくテキサス州で行われることとなりました。

 

そしてこの試合はスピードで勝るパッキャオが開始からマルガリートを圧倒。10ラウンドあたりからマルガリートの目はめちゃくちゃ腫れ上がり、パッキャオをボディでふらつかせる場面もあったものの試合を止めなかったレフェリーとセコンドが批判されるほど凄惨な試合の末パッキャオが判定勝ちを収めました!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

のっそりと前に出て行くマルガリートは体格がめちゃくちゃ大きい。

パッキャオは間合いをキープしてクイックなワンツーを放ちジャブがガードをすり抜ける。

マルガリートはジャブをつくがパッキャオにパリングされてパッキャオがガードの外から左をねじ込むなどスピードに差がかなりある。

残り1分には逆ワンツーの右をヒットさせて打ち終わりにクイックなワンツーを返す。

 

2ラウンド

パッキャオはボディを放つがマルガリートは右フックを返してヒットを奪う。

マルガリートはボディを狙い中盤パッキャオのワンツーをまともに被弾する。

パッキャオはボディを連打してマルガリートのワンツーにワンツーを返す。

 

3ラウンド

パッキャオは右ボディを差し込んでガードの外から左ショートフックを当てる。

マルガリートは前進してもみ合いの中でボディを放つが効果は薄い。

中盤マルガリートの打ち終わりに左ストレートを痛打してマルガリートは苦笑い。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

パッキャオは接近して左ショートをダブルでねじ込んですぐに離れる。

マルガリートはガードを上げて前に出るがパッキャオは動き出しにコンビネーションを打ち込む。

マルガリートの右目付近は腫れてきてパッキャオの右アッパーでマルガリートは下がってしまう。

パッキャオの左はガードをすり抜けてきてマルガリートは反応できない。

マルガリートは終盤ガードの隙間から左アッパーを当てるがマルガリートはダメージを感じさせる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 5ラウンド

マルガリートはワンツーを放つがカウンターのワンツーを被弾する。

ラウンド1分過ぎロープに詰めて左右ボディを当てるがすぐに離れられる。

中盤マルガリートの動き出しに右フックをカウンターして細かくサイドに動く。

 

 6ラウンド

パッキャオは下がりながらワンツー、アッパーを当てて間合いを保つ。

中盤マルガリートの右打ちおろしをかわしながら左ショートをねじ込んで同じ時間軸にいないかのような反応を見せる。

さらにワンツーを当てて頭の位置が変わらないマルガリートはかなり苦しい。

しかしラウンド終盤マルガリートがロープ際で右ボディをヒット!!さらに左右ボディでパッキャオは大きく腰を落としてダメージを負う!

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

パッキャオは足を使って常に動き回るなど位置を変える。

中盤パッキャオは左右ボディからフックを顔面に返してすぐに離れる。

終盤にもコンビネーションでマルガリートの顔面を射抜いていくがマルガリートはそれでも前に出る。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 8ラウンド

マルガリートは中盤ロープに詰めてボディを連打するがパッキャオもコンビネーションを返して押し返す。

マルガリートは左右ボディから右アッパーを当ててパッキャオもワンツー、アッパーを返していく。

 

 9ラウンド

マルガリートはどんどん前に出るが右目はほとんど塞がっている。

中盤マルガリートの入り際に右フックを当ててジャブに左を上下に散らす。

マルガリートも前に出るもののいかんせん当たらず苦しい。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

パッキャオは左ボディから右アッパーを顔面に返して間合いをキープ。

中盤左ストレートから右アッパーにつないでジャブに左クロスをしこたま当てるもののマルガリートは前に出る。

 

11ラウンド

右目はほとんど見えていないはずのマルガリートだが前に出る。

パッキャオはワンツーを放つが右フックを多用して右目を狙わないジェントルマン戦法…

中盤もパッキャオのコンビネーションにさらされてパッキャオもチラチラレフェリーを見ている。

 

12ラウンド

パッキャオは右フックを動き出しに放って足を使いフィニッシュは遠慮する大人の対応。

マルガリートの前進力は流石に衰えてパッキャオが時折ワンツーを当ててヒットを奪う。

マルガリートは打たれ強さと諦めない姿勢を見せるものの勝機を見出せないままゴングが鳴る。

 

判定は119-109.120-108.118-110でパッキャオ!!

ちなみに僕は118-110でパッキャオでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

止めたらんかい…

 

マルガリートはこの試合のダメージで白内障を患って2度目を手術。引退の危機に直面しましたがコットとのリマッチに踏み切り目の腫れで棄権TKO負け。この試合のダメージが残っていましたよね。

 

マルガリート本人のファイターとしての意思は尊重しますがこの試合はレフェリー、ドクター、セコンドが止めるべき試合だったと個人的には思います。

 

パッキャオに関してはもうお見事。開始からマルガリートはパッキャオのパンチに反応できてなかったし個人的にはここまでサイズが違うとどうかなと思ったけどこの人には関係なかったですね笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)


www.boxsharpjab.com