ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

ええ試合になりそうな気がするぞ…カル・ヤファイvs.ノルベルト・ヒメネス予想

こんにちは管理人です。

今日は2019年6月1日にアメリカのニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンで行われるWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ

王者カル・ヤファイvs.ノルベルト・ヒメネスの一戦を予想します!!

f:id:TBT:20190323190514j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はヤファイの5度目の防衛戦ですね!さらにアンソニー・ジョシュアvs.ジャレル・ミラーのビッグマッチのアンダーカードとなります!!

 

両者の紹介

 

カル・ヤファイについて

ヤファイは1989年生まれの29歳。イギリスのバーミンガム出身で元オリンピアン。当初はローマン・ゴンサレスと対戦する予定でしたがうまくいかなかったようですな。

 

ここまでの戦績は25勝全勝15KO。ルイス・コンセプシオンから王座を奪って村中優、石田匠、ダビッド・カルモナなど名のある相手を下して防衛を積み重ねてきた。

 

前戦のイスラエル・ゴンサレス戦ではめちゃくちゃ苦戦。モナコでデニス・レベデフの復帰戦の前座で行われたこの試合は再三ゴンザレスに押し込まれて疑惑の判定勝ち。評価を落としての一戦となります。

 

選手としての特徴はボディワークとサイドへの動きが上手い選手。コンセプシオンとの試合を見たときは打ち終わりに必ず位置を変えて長期政権を築きそうな奴が来たなと思ったものである。

 

サイドに動きながら左右フックを振り回して自分の打ち終わりにすぐにクリンチ。腕を絡めて相手に手を出させないうまさはかなり高く一筋縄ではいかない曲者王者である。

 

反面ゴンザレス戦では前に出て来られると少し脆い面を見せて接近戦での課題がかなり見えた。ただ今回の相手のヒメネスは長いリーチを使う中間距離の選手なので相性的にはいいだろう。

www.boxsharpjab.com

 

 

ノルベルト・ヒメネスについて

ヒメネスは1991年生まれの28歳。ドミニカ共和国出身の選手で身長168センチ、リーチも173センチとこのクラスではかなりサイズの大きい部類となる。

 

ここまでの戦績は29勝16KO8敗4引き分け。しかし敗北は全て4回戦時代に喫したものでデビュー戦から4連敗。それでも2011年から黒星はなくWBAの地域タイトルを獲得した経験もある。

 

2014年に日本で当時王者だった河野公平に挑戦した経験があり、日本のファンにも覚えがあるのではないかな。とてもやりにくい相手で結果はドロー。しかし多くがヒメネスの勝ちでも良かったという声もありましたよね。

 

選手としての特徴は長いリーチを生かして中間距離で戦うボクサー。長い間合いから左右のフックと入り際にアッパーを思い切り放ってくるなど中南米によくいるタイプの選手だ。

 

そのためか試合の前半はめちゃくちゃ元気でも後半になると一気にバテることが多く河野戦でも後半に逆襲されてしまった。ヤファイ相手ではお互いに大振りということもあってかなりの激闘が期待できそうだ。

www.boxsharpjab.com

 

 

試合予想

 

今回の予想だがヤファイの判定勝ちでいきたいと思う!!

 

多分この試合は結構見ごたえがあると思う。イメージヤファイvs.コンセプシオン的な。あの試合ではヤファイが常にサイドに動いてコンセプシオンの強打をかわし続けて大差の判定勝ちをしたけどお互いの大振りのパンチが交錯するスリリングな展開だった。

 

ヤファイはおそらくこの試合ではコンセプシオンと同じ戦法をとると思う。ヒメネスではヤファイのサイドの動きについてこれないだろうしそうなると入り際にカウンターを狙うしかない。おそらくアッパーを狙うと思う。

 

しかしヤファイはサイドに動いてパンチを放つだけではなく左右フックをガードの外からねじ込むのがかなりうまい。背の高いヒメネスにはボディも有効だろうかヤファイが運動量と手数で優って117-111ぐらいの判定を手にしそうかな。

 

まぁぶっちゃけ勝ってほしいのはヒメネスだったりする。だってそしたら日本にまた来てくれそうだから。防衛戦でまた日本でやってくれたらいいなと思う。ヤファイはイギリスから基本出ないので…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com