ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

英雄の最終章!!マニー・パッキャオvs.エロール・スペンスの試合をテレビで見る方法は??これまでの経歴も解説!!

ボクシングファンの方なら誰もが知るビッグネーム同士の一戦が2019年に行われる可能性が高くなってまいりました!!!!

IBF世界ウェルター級王者のエロール・スペンスvs.WBAウェルター級王者マニー・パッキャオの一戦です!!

f:id:TBT:20190317190310j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

WBA王者のパッキャオは6階級制覇王者で40歳にしても世界王者としてボクシング界の第一線で活躍する文字通りの怪物ボクサー。フライ級で世界王座を獲得してスーパーバンタム級、スーパーフェザー級、ライト級、ウェルター級、スーパーウェルター級で王座を獲得するまさしく規格外の活躍をしてきましたね。

 

さらには2015年にかのフロイド・メイウェザー・ジュニアとの正規の一戦を戦ったことでも有名でこの試合のファイトマネーは100億以上・・・試合には敗れたもののパッキャオは肩をケガしていたことを明かしており、今年に入ってメイウェザーと関係の深いPBCのアル・ヘイモンと契約。メイウェザーとのリマッチを求めていました。

 

しかしメイウェザーは昨年大みそかに那須川天心をエキシビションマッチでけちょんけちょんにしてマクレガーをKOして以来リングに上がりました。しかしメイウェザーはパッキャオと対戦する気はないとちゃぶ台をひっくり返しておりパッキャオもこれを受けて方向転換。ウェルター級でも最強との声が上がるスペンスとの試合を求めています。

 

エロール・スペンスはウェルター級でも特に大柄な選手。世界王者になる前から次世代のボクシング界を背負って立つ逸材であると言われ続けてコンテンダー時代には世界王者たちから対戦を避けられます。

 

しかし敵地イギリスでケル・ブルックをKOすると王座を圧倒的な強さで3度防衛。あまりの強さに彼に挑戦するコンテンダーはおらず試合が長らく決まらない悲運のチャンピオンでしたな。

 

しかし前戦では地元のテキサス州ダラスのカウボーイ・スタジアムで4階級制覇王者のマイキー・ガルシアと対戦。自身と同じく無敗でパウンド・フォー・パウンドのリストに載るマイキーを相手にサイズとパワーで圧倒!!終盤のラウンドには圧力を一気に強めてレフェリーもストップをするか迷うほどの完勝で判定勝ちを飾っています。

 

そして試合後にはリングサイドで観戦していたアジアの英雄であるレジェンドのマニー・パッキャオがリングイン!試合を希望する旨のコメントをしておりスペンスも呼応。今年の7月に両者の対戦が実現する可能性が高まっています!!

 

ということで、2019年無敗のパウンド・フォー・パウンド候補のスペンスとフィリピンが生んだアジアの英雄でボクシング界のアイコンであるパッキャオのビッグマッチを生中継で見る方法、対戦をより楽しむために両者の来歴をまとめてみました!!

 

 

 

 

 パッキャオvs.スペンスを生中継で見る方法

 
日本からテレビで生中継を見るにはWOWOWのみ!!

ソース画像を表示
 結論から言うと、パッキャオvs.スペンスは地上波はもちろん、スカパーなどでも生中継は致しません。

このビッグマッチを生中継で見るにはWOWOWと契約する必要があります!!

ただ、WOWOWと契約すると、この試合だけでなく他のエキサイトマッチや、スポーツ中継、映画なども楽しめるのでこれを機に利用してみてはいかがでしょうか?

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

WOWOWの月会費は?

ソース画像を表示

WOWOWの月会費は月額2,300円(税込2,484円)です。
これで、WOWOWライブ、WOWOWプライム、WOWOWシネマの全チャンネルが見放題なんですね。
ちなみにパッキャオvs.スペンス戦の放送はWOWOWプライムです。

また、加入した月は無料で、翌月から視聴料が発生します。
たとえば、4/18に加入したとすると、4/18~4/30までは料金無料で見放題、5/1~通常料金の2,300円(税込2,484円)となるわけです。

 

当月内解約は可能か?
 ソース画像を表示

結論から言うと、WOWOWの解約は加入月の翌月から可能となりますので、最低でも2,300円(税込2,484円)は必要です。

つまり契約するなら最低2ヶ月間WOWOWを楽しんだ方がお得ですね。
映画も幅広いジャンルでやってますし、スポーツもサッカーやNBAとかテニスとかアメフトとか、格闘技好きなら総合格闘技UFCの試合とかWWEとかやってるので損はないと思います。

 

WOWOWを見るための環境にいるものは?

ソース画像を表示
WOWOWを見るにはWOWOWと契約した上で以下の機器が必要です。

1:BSデジタルチューナー内蔵テレビ、もしくはBSデジタルチューナー内蔵レコーダーなど(要B-CASカード)
2:BSアンテナ、もしくはケーブルテレビ

既に現在、BS放送が見られる・J:COMなどのケーブルテレビ局でテレビを見ている・スカパー!を契約しているなどの場合は、ネットで申し込むだけでWOWOWが見られる状態です。
ネットで申し込みをしてから約15分程度でWOWOWが視聴可能となります。

  

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

両者の戦歴


パッキャオについて

パッキャオの来歴

f:id:TBT:20190318210036j:image

パッキャオの物語は最早映画の世界です。

フィリピンの野菜農家に生まれたパッキャオの一家はとても貧しく、1日1食の日もあるほど極貧の幼少期を過ごしたそうです。さらに両親が小学生の時離婚してパッキャオは家計を支えるために中学校を中退。路上で花やパンを売っていたそうです。

 

ボクシングとの出会いは8歳の時だそうで週末の非公式のボクシングの試合に出場。お金を稼ぐようになり14歳でマニラに出稼ぎに行った際トレーニングを本格的に初めて路上で生活しながらボクシングをしていたそうです。

やがて頭角を現したパッキャオはフィリピンのナショナルチームに入るようになり住居と食事を保証。アマチュア時代は64戦60勝の戦績を残しますが、国際大会で目立った戦績はございません。

 

ちなみにボクシングで成功した現在はフィリピンの国会議員も務めており将来の大統領になるとまで言われています!!さらにフィリピンの地元に小学校を立てたり慈善事業もしておりまさに民衆のヒーローですね!!

www.boxsharpjab.com

 

キャリアの初期 バレラ戦まで

f:id:TBT:20190318210114j:image

パッキャオは16歳でプロデビュー。月に一回程度のペースで試合をしていきますがデビューから1年後にまさかのKO負け。この試合ではウェイトをオーバーしていたそうですね・・・ちなみにこのことはメイウェザーから今でもディスられています笑。

 

そしてその後は連勝を重ねて日本の選手にもなじみがあるOPBF王座を獲得。1998年には日本の後楽園ホールに登場。寺尾選手を初回KOして次戦で世界王座に初挑戦します。

 

そして1998年の12月に世界初挑戦。WBC世界フライ級王者のチャッチャイ・ダッチボーイジムに挑戦して圧倒!!8ラウンドにダウンを奪ってそのままストップ勝ちを収め、初の世界王座獲得に成功しました!!

そして初防衛戦ではガブリエル・ミラを相手に楽勝の4ラウンドKO勝ち。しかし2度目の防衛戦で落とし穴がありました。

 

メッグン・3K・バッテリーを相手に迎えた2度目の防衛戦は敵地タイで行われますがおパッキャオは前日軽量でウェイトオーバー。はかりの上で王座を失います。そして試合も別人のような動きのパッキャオは3ラウンドにダウンを奪われてTKO負け。減量苦の影響がもろに出た試合でしたね。

 

この後パッキャオは一気にスーパーバンタム級までウェイトを上げてWBCインターナショナル王座を獲得。フィリピンで試合を積んでいき、当時無敗のナダル・フセインをもTKO!!圧倒的な強さを見せてアメリカデビューと2階級制覇へと乗り出します!!

 

そして2001年にアメリカラスベガスのMGMグランドにデビューしたパッキャオはIBFスーパーバンタム級王者のレーロホノロ・レドワバと対戦。レドワバは南アフリカの技巧派で当時IBFスーパーバンタム級は南アフリカの選手のお家芸でした。

 

パッキャオは2週間前に代役でこの試合に出場決定。この試合の前から現在までコーチを務めるフレディ・ローチの指導を受け始めます。そして迎えたレドワバ戦。レドワバはきっと試合をキャンセルしとけばよかったと思ったでしょう。パッキャオは3どものダウンをレドワバから奪う快勝でレドワバの技巧をパワーとスピードで圧倒。6ラウンドでTKOして2階級制覇を達成しました!!

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

その後フィリピンとアメリカを転戦しながら4度の防衛に成功したパッキャオ。元王者のホエル・フリオも2ラウンドで下して勢いに乗るパッキャオはフェザー級に階級を上げて大きなチャンスを迎えます。

www.boxsharpjab.com

 

バレラとの対戦とマルケス、モラレスとの激闘

ソース画像を表示

パッキャオは2003年についにビッグマッチを迎えます。相手はメキシコの英雄で2階級制覇王者のマルコ・アントニオ・バレラ。エリック・モラレスとの激闘が有名なコンビネーションパンチャーで将来の殿堂入り確実のボクサー。テキサス州のアラモドームで行われたこの試合はリング誌のフェザー級王座が懸けられた試合になります。

 

そしてこの試合はパッキャオがスピードでバレラを圧倒!!バレラも時折タイミングのいいジャブを当てるもののパッキャオの手数とスピードについていけずに11ラウンド見かねたレフェリーがストップ!!ついにビッグネームから勝利を収めました。

 

そして次戦は後に4階級を制覇しパッキャオと4度拳を交えるファン・マヌエル・マルケスの持つIBF、WBAフェザー級王座に挑戦。この試合はパッキャオが初回に3度ダウンを奪うもののマルケスがカウンターで対抗。三者三様のドローとなりパッキャオは3階級制覇に失敗します。

 

そして1試合挟んだパッキャオは3階級制覇王者でメキシコの英雄のエリック・モラレスと対戦。モラレスはバレラとの激闘がとても有名なレジェンドで長いリーチから放たれるジャブとカウンターが持ち味のパンチャーです。

 

しかしこの試合の前パッキャオは不可解な血液検査をされたそうで体調不良に・・・試合ではバッティングによるカットとモラレスのタイミングのいいジャブを被弾して判定負け・・・敗れましたがパッキャオはこの試合でついに1億ものファイトマネーを得ています。

 

そして1試合挟んでモラレスとのリマッチに臨んだパッキャオは10ラウンドに大爆発!!!TKO勝ちを収めてさらに1試合挟んだ第3戦目では3ラウンドTKO勝ち。ライバルに圧倒的な差を見せつけて才能が開花します!!

 

その後3階級を制していたルコ・アントニオ・バレラとの3戦目では判定勝ちを収めてバレラはこの試合で一度目の引退。ファン・マヌエル・マルケスの持つWBCスーパーフェザー級王座に挑みます。

 

この試合ではパッキャオが3ランドに左フックでダウンを奪うもののマルケスもタイミングのいいジャブと右リードをヒットさせてパッキャオの踏み込みを封じる試合に。パッキャオが僅差判定勝ちとなりましたが、マルケスは不満を抱いてパッキャオを追いかけてライト級へと進出しますな。

www.boxsharpjab.com

 

ライト級~ウェルター級。デラホーヤ戦と現代の怪物へ

 ソース画像を表示

 マルケス戦を最後にライト級へと進出したパッキャオ。初戦がいきなりWBCライト級王者のデビッド・ディアスとなります。試合前からパッキャオの有利が予想されましたがパッキャオが下馬評通りディアスをハチの巣に・・・ディアスは9ラウンドにKOされてパッキャオが4階級を制します。

 

そしてこの後パッキャオは物凄い試合を引き当てます。なんとウェルター級で元6階級制覇王者のオスカー・デラホーヤとの対戦が決定します。デラホーヤはスーパーフェザー級からミドル級までを制したカウンターパンチャー。体格でパッキャオより圧倒的に勝りパッキャオは下馬評圧倒的に不利でミスマッチと言われていました。

 

しかしこの試合はデラホーヤにとって最悪の試合となります。初回からパッキャオのスピードと手数についていけずにパッキャオのパンチに反応できないデラホーヤ。パッキャオのコンビネーションから逃げることしかできずに8ラウンドにギブアップ!!パッキャオが大番狂わせの勝利を挙げてこの試合の報酬は11億円。パッキャオが現代の怪物であることを証明しました!

 

ちなみにこの試合でデラホーヤは現役を引退。引退後この試合の前にパッキャオに勝てるわけがないと飲んだくれていてまともに練習しなかったことを話しており試合前に勝負はついていましたね。

 

その後スーパーライト級に落としたパッキャオはイギリスの超人気者リッキー・ハットンの持つリング誌王座に挑戦。ハットンはスーパーライト級では負けたことが無く体格で勝ることからパッキャオの不利が予想されました。

 

しかしこの試合でもパッキャオは怪物・・・初回から千住観音のようなコンビネーションでどこから手が出てくるかわからないとハットンが話すほどの強さでハットンを2ラウンドで失神KO・・・ハットンはこの試合で引退し全くパンチに反応できない姿が印象的でしたね。この試合はパッキャオの試合でも最も有名なものです。

www.boxsharpjab.com

 

ウェルター級王座獲得と防衛

ソース画像を表示

名実ともに世界のスーパースターとなったパッキャオ。カリブの人気者で2階級制覇王者のミゲール・コットの持つWBO世界ウェルター級王座に挑戦します。コットはコンビネーションパンチャーでパッキャオと体格はさほど変わらないものの上下に打ち分けるコンビネーションで幾多の強敵を沈めてきた強敵です。

 

そしてこの試合はパッキャオが序盤2ラウンド苦戦。しかし3ラウンドに圧力を強めるとダウンを2度奪いそこからコットは逃げ回る羽目に・・・そして12ラウンドにロープ伝いに逃げ回るコットを救うようにレフェリーがストップ!パッキャオが5階級制覇に成功しました!!

 

そして初防衛ではテキサス州ダラスのカウボーイ・スタジアムの観客動員記録を塗り替える試合を決行。元IBF王者のジョシュア・クロッティをシャットアウトの判定で下して圧倒的な強さを見せます。

 

そして次戦はWBCスーパーウェルター級王座決定戦に出場してアントニオ・マルガリートと対戦。マルガリートは大柄でブルドーザーのようなタフさを持つ選手。しかし試合前の予想はパッキャオ圧倒的有利でした。

 

そして試合はパッキャオがスピードで圧倒。マルガリートの目は心配になるほど腫れあがりパッキャオがちらちらレフェリーを見てストップを促すほどの圧勝の末判定勝ちで6階級制覇を達成しました!!

 

次の試合では元3階級制覇王者のシェーン・モズリーとのウェルター級王座防衛戦。スピードスター同士の対戦となりましたがパッキャオがスピードで圧倒!3ラウンドにダウンを奪ってからはモズリーが逃げ回る展開となり大差の判定勝ち。手の付けられない強さを示します。

 

そして迎えた次戦はファン・マヌエル・マルケスとの3度目の対戦。マルケスはこの試合のためにライト級から2階級あげてきてパッキャオへのリベンジを期しましたがウェルター級ではメイウェザーにボコボコにされた試合のみ。圧倒的な不利が予想されました。

 

しかしこの試合はパッキャオがまさかの大苦戦。マルケスの間合いがどうしても苦手なパッキャオはカウンターを警戒して踏み込めず・・・多くのファンがマルケスの勝利を推しましたが判定は2-0でパッキャオに。パッキャオには大きなブーイングが注がれました。

www.boxsharpjab.com

 

まさかの王座陥落と王座復帰

 ソース画像を表示

マルケスにめちゃくちゃ苦戦したパッキャオは次戦で元スーパーライト級統一王者で無敗のティモシー・ブラッドリーと対戦。ブラッドリーが当時無名だということもありパッキャオの有利が予想されていました。

 

そしてこの試合はブラッドリーの細かい連打とサイドへの動きにパッキャオは苦戦。それでも手数で押し切ったかに見えましたが判定はまさかの2-1の判定負け。判定は大きな議論を呼んでいきましたが、個人的には無尽蔵のスタミナを誇るパッキャオが後半失速していったことが印象的で年齢による衰えと慢心が顕著でしたね・・・

 

 その後パッキャオは世界戦ではなくマルケスとの決着戦へ。この試合は過去3戦を上回る激闘となりお互いにダウンを喫します。そして迎えた6ラウンドパッキャオのうち終わりに合わせたマルケスの右フックのカウンターがさく裂!!パッキャオは失神して顔面から崩れ落ちて痙攣・・・奥様が泣き叫ぶ姿が印象的でしたね。

 

この敗戦で再起の道を歩むことになったパッキャオはマカオで再起戦。対戦相手に元ライト級王者のブランドン・リオスと対戦します。ブルファイターのリオスを相手に手数で圧倒したパッキャオは大差判定勝ち。連敗を2で止めます。

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

そして次戦はブラッドリーへのリベンジマッチ。ラスベガスで迎えたこの試合はブラッドリーの右をもらってふらつくシーンもありながらも全体的には手数とヒットで優勢に。判定勝ちで王座に復帰します。

 

そして初防衛戦はマカオで元スーパーライト級王者で無敗のクリス・アルジェリと対戦。この試合ではパッキャオが6度ものダウンを奪う圧勝で大差判定勝ち。マルケスに敗れる前よりも調子を上げていきます。

 

しかし、この試合の頃からKOがなくなってきたパッキャオの人気は凋落。PPVの売り上げも落ちてきましたが史上最大のメガマッチが決定します。

www.boxsharpjab.com

 

メイウェザーとの対戦と引退

ソース画像を表示

パッキャオは2015年に長年の間対戦が期待されてきたフロイド・メイウェザー・ジュニアとの対戦が決定します。両者は何度も対戦の交渉を持ちましたが交渉は決裂。しかし両者ともにキャリアの終盤となりPPVの売り上げも低くなってきたころに急転直下で対戦が決まりました。

 

この試合のファイトマネーはパッキャオが200億、メイウェザーが300億と言われるメガマッチとなり史上最高報酬。両者大きな報酬を得たタイトルマッチとなりましたがパッキャオはメイウェザーのクイックなカウンターの前に踏み込めず・・・判定負けを喫して世紀の一戦に敗れました。

 

しかしパッキャオは肩をケガしていたことを明かして試合後手術へ。試合に関しても手数で勝っていたと自身の勝利を主張してリマッチを求めます。しかしメイウェザーはパッキャオの怪我に関して自分もケガをしていたとして言い訳を批判・・・リマッチはやらないとそっぽを向かれちゃいました笑。

 

メイウェザーとの試合に敗れて肩を手術したパッキャオは約一年後引退試合としてティモシー・ブラッドリーと3戦目。ブラッドリーはパッキャオ戦のために世界王座を放棄してパッキャオとの決着戦に臨みました。

 

そしてこの試合はパッキャオが正面から向かってくるブラッドリーに対してパッキャオが左ストレートで2度のダウンを奪う展開に!ブラッドリーも立ち上がって最後まで打ち合いパッキャオが判定勝ち。見事な内容で引退試合に花を添えました。

 

この試合を持ってパッキャオは現役を引退。フィリピンで国会議員としての活動に邁進します。

www.boxsharpjab.com

 

 現役復帰と王座陥落まで

 ソース画像を表示

しかしパッキャオは半年間の短い期間で引退を撤回。WBOウェルター級王者のジェシー・バルガスに挑戦することを表明します。バルガスは2階級制覇王者でブラッドリーに敗れた以外は無敗の強敵です。

 

しかしこの試合は38歳のパッキャオがバルガスを圧倒。2ラウンドにダウンを奪い、バルガスの運動量を上回って大差判定勝ち。38歳でも現役の世界王者に楽勝して見せました!

 

しかし迎えた初防衛戦は試練が待っていました。ドバイで元兄弟弟子のアミール・カーンと対戦する予定でしたがスポンサーが資金を用意できずに中止に。代わりに指名挑戦者のジェフ・ホーンと敵地オーストラリアで防衛戦が決まります。

 

ホーンは無敗ながらも無名。パッキャオの圧勝が予想されましたが試合はホーンが強靭なフィジカルと強引な攻めでパッキャオに肉薄。パッキャオは顔面をカットして流血。9ラウンドにはチャンスを迎えたものの打ち疲れてフィニッシュできず・・・まさかの判定負けを喫して王座を陥落します。

 

この試合の後パッキャオはマスターと仰いでいたフレディ・ローチの元を離れることを決意。1年の時が流れます。

www.boxsharpjab.com

 

王座復帰とPBCとの契約、現在

 ソース画像を表示

パッキャオは1年後の2018年7月マレーシアにて再起。対戦相手は2階級制覇王者でWBAウェルター級レギュラー王者のルーカス・マティセー。マティセーはかつて世界を震撼させたハードパンチャーで相手を一撃で沈めるパワーを誇る強打者です。

 

そしてこの試合は39歳のパッキャオが躍動。序盤からパッキャオの動きについていけないマティセーは3度のダウンを奪われて7ラウンドにパッキャオがTKO勝ち!!アジアの英雄が実にコット戦以来のKO勝利を挙げてここ数年で最高のパフォーマンスを発揮。ちなみにこの試合でパッキャオは主要4団体のベルトを制覇しました!!

 

そしてパッキャオはこの試合の後長年プロモート契約を結んでいたトップランクと契約を満了。フロイド・メイウェザーと関係が深いアル・ヘイモンと契約してPBC契約します。

 

ヘイモンはWBC王者のショーン・ポーター、WBAスーパー王者のキース・サーマン、IBF王者のエロール・スペンスと契約しておりパッキャオがこれまで対戦できなかった相手と対戦できるようになりファンの間では夢が広がりましたね!

 

そしてヘイモンとタッグを組んでの初戦は4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナー!メイウェザーと仲良しで有名でかつてメイウェザーの後継者ともてはやされたボクシング界の問題児です!抜群のセンスとカウンターで実力を証明しながらもボクシングに向き合う姿勢からかAクラスの相手には勝てていませんな。

 

フレディ・ローチとのタッグも再結成して大きな話題を呼んだこの試合は試合前の予想通りパッキャオが運動量でブローナーを圧倒。ブローナーも時折タイミングのいい右リードで対抗したもののパッキャオが中差判定勝ち。初防衛に成功して11億円ものファイトマネーを手にしました!!

 

そして今年の3月16日にテキサス州ダラスのカウボーイ・スタジアムで行われたエロール・スペンスVSマイキー・ガルシアのリングサイドに登場。パッキャオが勝利したスペンスに試合後対戦を呼び掛けて試合の実現が期待されています!!

www.boxsharpjab.com

 

パッキャオのファイトスタイル

 ソース画像を表示

パッキャオのスタイルは単純明快で頭を振りながら前に出てワンツーを放つスタイル。珍しいサウスポーのファイターで中間距離から鋭い踏み込みから放たれる左ストレートは多くの一流選手が反応できないほどのスピードを誇ります。また、返しの右フックも強烈でハットンはジャブに被せられて全く反応できませんでしたね・・・

 

また、40歳ながら運動量がきわめて豊富で手数がとても多いです。リッキー・ハットンは試合後にどこから手が出てくるかわからないと話した通りあらゆる角度からコンビネーションを放つ彼の動きを見切るのは極めて難しいです。

 

反面マルケスやメイウェザーのような間合いを保ってカウンターを放つカウンターパンチャーは苦手で近年は後半の失速も見られます。さすがに全盛期ほどの強さとスピードはありませんが世界王者クラスでないと彼には太刀打ちできませんね・・・

 

 彼の試合は常に前に出るためいつもエキサイティング。自分よりも体格で勝る相手を下がらせられるのはこの人ぐらいでボクシング界の常識をあっさり覆してきましたね

www.boxsharpjab.com

 

パッキャオの人となり

ソース画像を表示

パッキャオはとても良い人です。弱者にやさしく敬虔なクリスチャンでもある彼はブローナーとの試合前にトラブルを起こし続ける彼にクリスチャンになるよう勧めたり更なる問題が起きないように祈るなどお手本のようですね笑。

 

フィリピンでは国会議員ですが1度目の選挙では議員になることで彼の試合が見れなくなると危惧したファンが多く落選。2度目でボクシングを続けることを宣言して2足の草鞋を履いてトレーニングと議員の仕事をこなしています。しかもフィリピンではアニメになるほどの人気ぶり。彼の試合はとてつもない視聴率を記録しており国民的英雄ですね!

 

またバスケットボールが趣味でフィリピンではチームを率いております。トレーニング後にいつもバスケットボールをしており、メイウェザーともNBAの試合で鉢合わせしておりましたね。

 

そんなパッキャオですがマルケスとの3試合目の前には浮気していたりギャンブルに手を染めていたそうでこの頃はパフォーマンスも落ちていましたな。しかし奥様のジンキーさんが悲しんでいること、彼女の勧めでより敬虔なクリスチャンに改宗してパフォーマンスも復活。奥様とのきずなの深さを感じますね。

 

ちなみに息子もプロボクサーを目指しているそうでパッキャオと奥様は反対。しかしどうしてもやりたいということで承諾したそうですね笑。

www.boxsharpjab.com

 

スペンスについて

スペンスの来歴

 ソース画像を表示

エロール・スペンスは1990年生まれの28歳。アメリカのニューヨーク州ロングアイランド出身のアメリカ人ですね。

 

 アマチュアボクサーとして活躍していたスペンスは全米選手権やナショナル・ゴールデングローブスにて優勝。世界選手権にも出場しており、ロンドンオリンピックにも出場しています。

残念ながらメダル獲得はならなかったもののオリンピック後にプロに転向。このころからアメリカボクシング界の次世代のスター候補としてかのレジェンドのシュガー・レイ・レナードにトレーナーになるよう志願するなど、大きな期待を背負ってきました。

 

これまでの実績

ソース画像を表示
スペンスは2012年に22歳でプロデビュー。この頃から圧倒的な強さで連勝街道をひた走っていた彼はかのメイウェザーに自信の後継者に指名されるなど大きな注目を集め、世界的に最も層が厚いと言われるウェルター級の王者候補となります。

 

2016年には元WBO世界スーパーライト級王者のクリス・アルジェリと対戦。アルジェリは元キックボクサーでルスラン・プロボドニコフに挑戦して初回にダウンを奪われたもののアウトボクシングで巻き返す大番狂わせで王座戴冠。パワーレスながらも的確なジャブとフットワークで相手の攻撃をかわす選手です。

 

6階級制覇王者のマニー・パッキャオにもマカオにて挑戦。6度のダウンを奪われる内容で圧倒され、ポイントではコールド負けほどの大差の判定で敗れましたが何度ダウンしても立ち上がり、大きなハートを世界に見せましたね。

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

しかしこの試合はスペンスがジリジリ距離を詰めてロングレンジでも接近戦でもアルジェリを圧倒!圧倒的な内容でパッキャオの猛攻に12ラウンド耐えたアルジェリを5ラウンドでKOし、世界王者になる前ですが、スペンスはこの試合で2500万もの大金を稼いでいます。

さらにIBF指名挑戦者決定戦でトップランカー達に対戦を断られた挙句ベテランのレオナルド・ブンドゥと対戦。6ラウンドにロープ際で強烈な左アッパーを決めてKO勝ちを収め、IBF王者のケル・ブルックへの挑戦権を獲得しました。

www.boxsharpjab.com

 

最も恐れられるウェルター級王者として

ソース画像を表示

そして迎えた世界初挑戦。敵地イギリスにてスペンスと同じく階級屈指のフィジカルを持つシェフィールドの英雄ケル・ブルックの持つIBF王座に敵地挑戦します。

 ブルックは前戦でミドル級に一気に階級を上げて最強王者だったゲンナジー・ゴロフキンへと挑戦しましたが、予想以上の善戦の末 5ラウンドTKO負け。初黒星を喫しており、最早ウェルター級のウェイトを作るのは厳しいと見られましたが、スペンスの挑戦を受ける男気を見せました。

 

さらにブルックの王座戴冠試合は現WBCウェルター級王者のショーン・ポーターからアメリカに乗り込んで奪ったもの。圧倒的な突進力を誇るポーター相手に一歩も引かずに打ち合ってフィジカルの強さとスキルを証明しましたね!

 

そして大きな注目を集めたこの試合はスペンスが全力で肉薄してくるブルックを徐々にパワーで突き放して11ラウンドにTKO勝ち!!ブルックのジャブや右ストレートを浴びる場面もありましたが、左右ボディと強烈な左ショート、ストレートのようなジャブでブルックの目の骨を折るパワーを見せましたな・・・

 

そして迎えた初防衛戦ではかつてブルックへの指名挑戦者決定戦での対戦を断ってきた2階級制覇王者のレイモント・ピーターソンを相手に迎えます。

 

ピーターソンはスーパーライト級とウェルター級を制した2階級制覇王者。ここまでWBOスーパーライト級暫定王座、WBAスーパー、IBFスーパーライト級王座、WBAウェルター級王座を獲得してきた強豪です。

対戦相手としてはアミール・カーンに勝利、元王者のケンドール・ホルトをTKO、ティモシー・ブラッドリー、ルーカス・マティセー、ダニー・ガルシアなど一流どころには敗れましたが、前戦ではデビッド・アバネシアンに判定勝ちして2階級制覇。ビッグマッチを求めて王座を捨ててスペンスに挑んできました。

 

そんな相手を前にしても試合前から圧倒的優位を予想されたスペンスはピーターソンにほとんど何もさせないまま ロングレンジに釘付けにする8ラウンド終了TKO勝ち!!圧倒的なパワーでピーターソン陣営をギブアップに追い込みましたね!!

 

そして2度目の防衛戦では指名挑戦者のカルロス・オカンポと対戦して初回ボディ1発でKO…怪物ぶりを見せつけました。

www.boxsharpjab.com

 

マイキーとの対戦
 ソース画像を表示

スペンスの3度目の防衛戦は4階級制覇王者のマイキーと対戦することが決まっています。

試合は2019年3月を予定しており、自身初のPPVファイト、パウンド・フォー・パウンドのリストに乗る強敵との対戦でこの試合に勝てばさらなる評価を得ることができる大事な一戦ですね!!

 

マイキーはフェザー級からスーパーライト級までを制した4階級制覇王者。これまでのキャリアでエイドリアン・ブローナー、セルゲイ・リピネッツ、ローマン・マルティネス、オルランド・サリド、デヤン・ツラティカニン、ロバート・イースター、ファン・マヌエル・ロペスなどのそうそうたる面子と対戦して全勝。貫通力の高いワンツーとタイミングのいいジャブが武器のアウトボクサーです。

 

そしてこの試合はスペンスがライト級から上げてきたマイキーを圧倒!!サイズとパワー、リーチでマイキーを近づかせず、9ラウンド以降はKOを狙って圧力を強めるなどマイキーを押し込んでほとんど何もさせずにシャットアウトの判定勝ち。見事に無敗対決を制してビッグマッチを勝ち抜きました!!

 

そしてこの試合の後かのマニー・パッキャオがリングイン!!対戦を希望する旨の発言をして両者の対戦の機運が一気に高まっています!!スペンスにはWBC王者のショーン・ポーターとの対戦もうわさされており目が離せませんね!!

www.boxsharpjab.com

 

今後期待される試合

ソース画像を表示

世界的な評価を受けるスペンスに期待される試合は同じウェルター級にいる、WBAスーパー王者のキース・サーマン、WBC王者のショーン・ポーター、WBO王者のクロフォードらとの対戦です。

しかしあまりの強さに対戦を避けられている点と、他の王者達も狙われる存在のためすんなりとは実現していません。しかしマイキーを破ると対戦の機運は高まっています。WBAレギュラー王者のパッキャオとの試合が実現すれば物凄い試合になりそうですね!

 

スペンスのファイトスタイル

ソース画像を表示
スペンスのスタイルはガードを高く上げてジリジリ前進して下がる相手には左ストレートを顔面、ボディに散らして中間距離に釘付けにしてしまうスタイル。または、接近して強烈な左アッパーを中心とした攻撃で相手を削るパターンがあり、どちらも相手の心を折るスタイルと言えます。

 

スペンスの強打はWBAミドル級王者のブラントの右手をガードの上から打撲させるほどなのでウェルター級ではかなりのものです。そのパワーを最大限生かしたゴリゴリのファイトスタイルですね!!

 

 

 

勝敗予想と見所

ソース画像を表示

この試合の予想は最近の充実度、勢いからスペンスが有利かなと個人的には思います。スペンスが懐の深いサウスポーであること、長い間合いからワンツー、ボディを打ち込め、1000発以上のパンチを放てるスタミナまで考えると全盛期を過ぎたパッキャオでは苦しいかなと思いますね。

 

しかし、パッキャオはこれまで不利予想の試合を幾度となく覆してきた伝説的な強さとメンタルの強さ、実績があります。彼の鋭い踏み込みから放たれるワンツーでスペンスにダメージを与えたり、パッキャオのスピードにスペンスがついてこれなかった場合はパッキャオが判定で勝利してします可能性もあります。

スペンスが1パッキャオを下して新時代の到来を告げるのかそれともパッキャオが貫録を示してボクシング界のアイコンとして君臨し続けるのか?答えは試合が始まらないとわかりません!!いずれにしてもこのビッグマッチを楽しみにしたいです!!

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!!

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

 

www.boxsharpjab.com