ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

やっぱ日本のミニマム級はいいな…福原辰弥vs.山中竜也

こんにちは管理人です。

今日は2017年日本の熊本県で行われたWBO世界ミニマム級タイトルマッチ

王者福原辰弥vs.山中竜也の一戦です!!

f:id:TBT:20190314212634j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は福原の初防衛戦。モイセス・カジェロスとの王座決定戦に勝利して掴んだ王座を地元の熊本県で守ることとなった福原は元日本王者で熊本県のジムで初の世界王者。歴史を作った王者ですね!

対する山中は真正ジム所属のOPBF王者で元世界王者のメルリト・サビージョを破った強敵。初めての世界挑戦ながらランキング1位の指名挑戦者として熊本県に乗り込んできましたな。

 

そしてこの試合は距離を取る山中と左ボディを狙って踏み込む福原の構図で激闘に。お互いペースを譲らずカウンターと踏み込みを繰り返す好勝負は山中に軍配。レフェリーが試合後に2人を抱き抱える名勝負となりました!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポーの福原がプレッシャーをかけて左ボディを狙う。

山中は間合いを保って右ストレートを狙い、ラウンド1分過ぎ右ストレートを当てる。

福原は左ストレートで踏み込むが山中も右ストレートをカウンターで返す。

福原は終盤距離を詰めると左右ボディの連打を当てて肉薄する。

 

2ラウンド

福原は左ボディを差し込んで山中は入り際に右ストレートを狙う。

山中は中間距離からワンツーをついて福原の飛び込みを封じる。

福原は終盤左ストレートで踏み込んで少し強引に迫るが山中は右アッパーを返す。

 

3ラウンド

福原は左ストレート、ボディで飛び込むが山中はすぐに距離を取る。

両者ともに手数、運動量が多いもののヒットは少なく福原が終盤ボディをまとめる。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

4ラウンド

山中は間合いを取ってワンツーをつき、福原は上下に打ち分けて入ろうとする。

山中は接近戦で逆に右アッパーを当てるなど逃げずに打ち合い始める。

www.boxsharpjab.com

 

 5ラウンド

山中は左右に体を振りながらワンツーをつき少し圧力をかけてくる。

さらに右ストレートをリードに当てて福原もボディを返してめまぐるしい攻防となる。

 

 6ラウンド

福原は組みついて右ボディを放ち左ストレートだけではなくボディをまとめる。

さらに顔面にも左右フックを返してヒットを奪う。

山中もワンツーをいきなり放つが福原の前進力が強まってくる。

 

 7ラウンド

山中は足を止めずにワンツーを放ち続けるなどかなりの練習をしてきたようだ。

中盤山中の力みのない右リードを福原が被弾してすぐにサイドに逃れる。

福原はなかなか追いつけずに山中のサイドステップについていけない。

 

 8ラウンド

福原はしつこくしつこくボディをつくが山中は効いたそぶりを見せない。

残り1分で山中の右ストレート、左フックが福原を捉えて福原のガードの低さをつく。

www.boxsharpjab.com

 

 9ラウンド

少し疲れてきた福原はそれでも前に出てボディを放つ。

山中は入り際に右アッパーを放って福原は右フックで踏み込むなど工夫を見せる。

終盤福原の動き出しを狙った右リードが綺麗に決まってラウンドを優位に戦う。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 10ラウンド

山中はジャブを動き出しに当てて福原なかなか踏み込めない。

福原は中盤ボディを当てて顔面にも左を振るが山中の右ストレートをもらって少し見栄えが悪い。

しかし終盤福原が左ストレートを放つと山中の動きが一瞬止まる!

 

11ラウンド

山中は遠い間合いから右ストレートを放って福原かなりガードが下がってきた。

終盤福原の入り際に山中の左フックがヒット!カウンターの精度が高い!

 

12ラウンド

福原は飛び込んで左ボディをしつこく放ち山中はカウンターを狙う。

中盤福原が接近戦で左右ボディをまとめて山中は入り際に左フックを放つが福原前に出続ける。

そして試合終了のゴングが鳴るとレフェリーが2人抱きかかえる!

 

判定は116-112が1人、115-113が2人の3-0で山中!!

ちなみに僕は115-113で山中でした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

好勝負でしたね!

 

熊本県開催で無名の2人。しかも最も層の薄いミニマム級タイトルマッチということで日本でも全く注目を集めませんでしたがこの試合はとても良かった。

 

山中は距離をとってカウンターを狙い続けてボディが効いても足を使うことをやめない素晴らしいガッツ。福原も中盤以降疲れながらも前に出て勝利への執念を見せた。

 

この試合は山中の的確性、パンチの効果の差や見栄えの良さで勝ったと思うけどどちらに転んでもおかしくないような試合だったし、山中が引退してなければまた見たかったなぁ…

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com