ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

スペンス"メイウェザーが扉を開けた。次は俺の番だ"ロサド、スレッキupdates!

明日4階級制覇王者のマイキー・ガルシアとの一騎打ちを控えるIBFウェルター級王者のエロール・スペンスさん。この試合はスペンスの地元のテキサス州ダラスのカウボーイ・スタジアムで行われますね。

f:id:TBT:20190316203403j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

スペンスは昨年の2度目の防衛戦で指名挑戦者のカルロス・オカンポと対戦して初回ボディ1発でKO。この試合もテキサス州で行われておりますね。

 

この試合はスペンスがウェルター級の中でも大柄であること、マイキーがフェザー級出身でウェルター級での試合の経験がないことからサイズの違いでスペンスが勝つとの見方が大きな流れです。

 

しかしスペンスはサイズではなくスキルでまさり、さらに勝つだけではなくさらに世界に自身の強さをアピールしたいと話していたようです。さらにこの試合はフロイド・メイウェザー・ジュニアがかつて歩んだようなビッグマッチ路線に進むために必要な試合だとしております。

 

"フロイド・メイウェザーがビッグマッチへの扉を開けてくれたと思っているんだ。そして今俺がさらにその世界に入ろうとしている。俺は次のスーパースターになれる男だと思っているし、ボクシングのアイコンになれると信じているよ。"

 

うーんスペンスの顔ではアイコンって感じではないな…サーマンの方がいいな笑笑。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いて本日行われたWBO世界ミドル級王者デメトリアス・アンドラーデへの挑戦者決定戦であるガブリエル・ロサドvs.マシエジュ・スレッキ。スレッキがロサドをアウトポイントして判定勝ちしましたが 9ラウンドにロサドの右を浴びて2度ダウンするなどかなり不安を残しましたな。

 

試合後の2人のコメントが来ておりますので和訳してみました。

 

ロサド"中盤のラウンドにはスレッキを捕まえられると思っていたんだ。カウンターのタイミングもあってきていたし、プレッシャーも強めて行けたからね。 9ラウンドにダウンを奪えたし、10ラウンドもあと少しでKOできるところだったと感じてる。"

 

スレッキ"俺がバカだったよ。コーナーの指示をちゃんと聞かなかったからあんなことになってしまったんだ。 9ラウンドにダメージを負ってしまったし、集中力も欠けていた。それでも俺は回復したけどね。次の試合でデメトリアス・アンドラーデと対戦したい。"

 

ロサド程度に苦戦するようではアンドラーデ様に勝てるはずがなかろうに…てゆーか今から3ヶ月後とかに試合するなら結構ハードスケジュールやな笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com