ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

エリック・モラレス"マイキーが勝てば彼がパウンド・フォー・パウンドだ"キャンベルupdates!

元4階級制覇王者のメキシカンレジェンドのエリック・モラレスさん。かつてマニー・パッキャオ、マルコ・アントニオ・バレラと対戦してきた男はマイキーの今回負うリスクを承知しています。

f:id:TBT:20190316205459j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

モラレスもかつて体格で圧倒的に勝るマイダナに挑んだ経験があり、多くの予想に反してかなりの善戦をして僅差判定負けしましたな。

 

"マイキーが今回勝てばものすごい達成になるよ。とても複雑な試合になるだろうな。エロールはサウスポーでウェルター級にしてはスピードもあるしサイズもある。ウェイトに慣れているし、より大きいし全盛期にいて彼の方が若いよね。2人とも無敗でエロールはウェルター級に慣れているからマイキーはすごく複雑な試合を受けているよ。マイキーはこの試合に勝てば多くを得るけど負けたら全てを失う大きなチャレンジだよ。今のファイター達はこんな試合をしないよね。こんなにみんなを考えさせる試合をしてくれない。俺はマイキーと話す機会があってなぜスペンスを選んだのか聞いたんだよ。そしたら彼は俺に最もグレートで強く、世界でベストになりたいからだって答えてくれた。この試合はすごくマイキーにとっては難しい試合になるけどもしマイキーが勝てばみんなのリスペクトを得られる。そして勝てば今のパウンド・フォー・パウンドのトップか二位には入れるだろう。"

 

最後のモラレスのコメントすごいな。マイキーさんのことめっちゃ応援したくなってきたわ。

www.boxsharpjab.com

 

 

続いてWBCライト級の指名挑戦者で本日フィラデルフィアで試合をしたルーク・キャンベルさん。アドリアン・ヤングを5ラウンドでKOして世界再挑戦をアピールしております。

 

キャンベルは元オリンピック金メダリストでしたがイバン・ミッチェルにまさかの判定負け。世界戦線から離脱したもののそこから立て直してホルヘ・リナレスにアメリカで挑戦。僅差判定負けを喫したものの判定は議論を呼んで実力を証明しておりましたな。

 

さらにイバン・ミッチェルにも昨年借りを返してWBCの指名挑戦者に。王者のマイキーが明日ウェルター級でスペンスに挑むため決定戦か暫定王座戦に進む可能性は高そうです。

 

"結局のところ俺たちはみんなファイターなんだよ。目の前の相手が誰だろうが戦うよ。俺はこの階級の誰とやっても勝てるスキルとテクニックがあると感じているよ。"

 

クローラとやって勝った方がロマチェンコと挑戦とかでもよかった気がするな笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com