ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

スコッグランドのラストマッチか…カラム・スミスvs.エリック・スコッグランド

こんにちは管理人です。

今日は2017年イギリスで行われたWBCスーパーミドル級ダイヤモンド王座決定戦にしてWBSS一回戦

カラム・スミスvs.エリック・スコッグランドの一戦です!!

f:id:TBT:20190314222909j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

スミスは優勝候補筆頭の身長191センチのフィジカルモンスター。その長身から打ちおろすワンツーで幾多の強敵を沈めてきた世界王者候補で後に世界王者となるロッキー・フィールディングに初黒星をなすりつけています。

スコッグランドはスウェーデンの技巧派で無敗の選手。ライトヘビー級を主戦場としており、IBOのライトヘビー級王者でもある彼はチャンスを求めて階級ダウン。トーナメントに参戦してきました。

 

そしてこの試合はスミスがスコッグランドの体の強さと技巧に手を焼くものの11ラウンドにダウンを奪う判定勝ちで見事に初戦を突破!ダイヤモンド王座を手にしています!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

 

試合経過

 

1ラウンド

スコッグランドは開始からアウェイを意識してか足を使って積極的にジャブをつく。

スミスはジリジリプレッシャーをかけてスコッグランドのジャブをスウェーで外してジャブを当てる。

スコッグランドは動き回りながらボディに手を伸ばして手数を多く出して攻防分離気味のスミスの手数を封じる。

終盤にはスミスをロープに詰めて右フックをガードの上からお見舞いしてかなり勝つ気で来ている。

 

2ラウンド

スミスはジャブを開始からダブルで当ててスコッグランドはボディを返す。

スミスは中盤ロープに詰めてボディブロー!かなり強烈でパワーでは完全に上回る。

終盤スコッグランドのジャブに合わせた右ショートがスコッグランドを捉えてスミスがヒットを奪う。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

スミスは距離を詰めて右ショートをねじ込んでプレッシャーを強める。

さらに中盤ジャブに合わせた右クロスを豪快に見せてスコッグランドの安易な踏み込みを封じる。

スコッグランドはガードの上からでも右フックを振ってスミスは入り際に左フック。かなり緊迫感のある試合となる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

スコッグランドは手数を多く出して足を使いかなり忙しいボクシング。

中盤ロープに詰まりながらもアッパーを返してスミスも安易に詰められない。

しかしラウンド残り1分スコッグランドの動き出しに合わせたスミスの右リードがクリーンヒット!少し効いたスコッグランドはコーナーに詰まるがクリンチしてしのぐ!

持ち直したスコッグランドは左フックを振ってガッツを見せる。

 

 5ラウンド

スコッグランドは序盤距離を詰めてロープに詰めて体ごとスミスを押し込む。

スミスはジャブで顔を弾いてスコッグランドはガードの上からパワフルな右を放つ。

さらに終盤もスミスの前進を右で防ぐスコッグランドが優位にこのラウンドを進める。

 

 6ラウンド

スコッグランドはサイドに動きながらジャブをついて、スミスはジャブに右クロスを合わせる。

中盤スミスは逆ワンツーの左を決めてこの辺りの細かなテクニックが冴える。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

スミスは右ストレートからアッパーにつなげてジャブをボディに伸ばす。

スコッグランドのジャブの打ち終わりにジャブを合わせてスコッグランドはフェイントしながら飛び込むタイミングを伺う。

終盤態勢の入れ替え際にスミスのガードの上から右フックを何発も当てるスコッグランドはかなり泥臭い。

 

 8ラウンド

スミスはスコッグランドの入り際に左ボディを差し込んでジャブを相打ちのタイミングで当てていく。

スコッグランドはだんだん運動量が落ちてきて苦しくなってくる。

終盤スミスはコンビネーションをガードの上から当てていく。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 9ラウンド

スコッグランドは前に出てジャブをつくがスミスの手数が増えてくる。

スコッグランドはスミスのジャブに思いっきり右を合わせて空振り。スミスはジャブに合わせた右をヒット!テクニックと余裕に差が出始める。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

中盤接近戦でスミスの左ボディが決まってスコッグランドも右クロスを返す。

スコッグランドは終盤スミスの入り際にジャブを合わせるが手数も落ちてきている。

 

11ラウンド

スミスは長い右を伸ばして序盤入り際に左ボディ!これが効いたスコッグランドはガードが下がり右クロスを被弾。さらにもう1発右クロスをもらうとふらついてスミスの打ち下ろしの右からの左フックでスコッグランドは膝をつくダウン!!

スコッグランドのガードの隙間から左フックをねじ込むスミスはフィニッシュを狙うがスコッグランドも左フックを放って対抗するなどガッツを見せる。

 

12ラウンド

スコッグランドは諦めずに逆転を狙うがスミスは落ち着いてジャブを当てる。

スミスは逃げ切り態勢に入っておりまともに打ち合うことはせずに特にKOを狙うわけでもなくゴングの音を聞く。

 

判定は116-112.117-111.117-110の3-0でスミス!!

ちなみに僕は116-111でスミスでした!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

スミスさんクレバー…

 

この選手は体格から放たれる強打ばかりが注目されてるけど実はかなりスキルも高くてリングI.Qが高い。

 

この試合でもスコッグランドの失速を見越して入り際に左ボディを差し込んでいたし、11ラウンドのダウンは左ボディを効かせてからの右クロス。あれは見事だった。

 

試合が面白いかどうかは別としてもスミスの懐の深さとクレバーさはかなり厄介。正直ユーバンクではかなり苦しいかなぁ…馬力の塊のようなベナビデス辺りとやってほしいかも笑笑。

 

ちなみにスコッグランドはこの試合の後再起戦のトレーニング中に脳内出血が見つかり一時期危篤状態に。現在容体は安定していますがもう戦うことはないでしょう。とても勇敢で素晴らしいウォリアーでした。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com