ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

うーん、微妙な試合…岩佐亮佑vs.TJ・ドヘニー

こんにちは管理人です。

今日は2018年日本の東京後楽園ホールで行われたIBFスーパーバンタム級タイトルマッチ

王者岩佐亮佑vs.TJ・ドヘニーの一戦です!!

f:id:TBT:20190310214450j:image

 

 

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合は岩佐の2度目の防衛戦。岩佐はセンス抜群のサウスポーのカウンターボクサー。山中慎介との日本タイトルマッチがとても有名で階級を上げ、小國から6ラウンドTKOの圧勝を飾って遂に世界にたどり着いた男です。

ドヘニーはここまで無敗のサウスポーの強打者。オーストラリア在住の元トップアマで指名挑戦者として日本のリングに参戦。岩佐の持つタイトルを奪いに来ました!!

 

そしてこの試合はお互いに中間距離から間合いをでない展開に…その中でドヘニーが左ストレートを中心に手数を多く出して岩佐をリード。結果的には判定勝ちで日本のリングでタイトルを奪い去った!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 


 

試合経過

 

1ラウンド

サウスポー同士の2人は間合いを保ちながらジャブをつきあう。

岩佐のジャブはシャープでスピードでは上回る。

ドヘニーは飛び込んでのジャブを決めて岩佐は長いジャブでコツコツ弾くがドヘニーは左を振り回す。

岩佐はドヘニーの入り際を狙うが今ひとつタイミングが合わない。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

2ラウンド

ドヘニーは岩佐のジャブに左をかぶせて思い切り振ってくる。

中盤岩佐は中間距離から左ストレートをヒットさせるが手数が少なくドヘニーは足を使ってリングを回る。

 

3ラウンド

岩佐はクイックなジャブで顔を弾くがドヘニーは左と見せかけてボディを打つ。

ドヘニーは岩佐の打ち終わりにジャブを打つなどかなりうまく、中盤岩佐の左ボディが決まるがドヘニーも右を振る。

岩佐は接近戦で左ボディアッパーをカウンターで当てて終盤返しの右フックもヒットさせる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

岩佐は長いジャブを下がるドヘニーに当ててドヘニーは少し狙いすぎか。

ドヘニーは相打ちのタイミングでジャブを放ってこれがよく当たる。

ドヘニーは大振りの左フックで踏み込んでこれはガードの外から飛んできて浅く当たる。

 

 5ラウンド

岩佐はカウンターを警戒して左を出せずほとんどジャブだけで戦う。

ドヘニーは時折踏み込んでジャブを放って岩佐はジャブに左を被せる。

中盤岩佐は逆にジャブにあわせた左をもらってヒットを許してしまう。

終盤岩佐は左ボディストレートを当ててドヘニーは間合いを保ってクリンチに逃げる。

 

 6ラウンド

ドヘニーは左ボディで踏み込んで序盤ワンツーの連打で岩佐を下がらせる!岩佐はまともにはもらわないものの守勢に追い込まれてしまう。

ドヘニーはボディを打ち始めて接近戦でもワンツー放つなどスタンスを変え始めて終盤左アッパーを巧打する。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

岩佐はもみ合いの中でも右フックを放ってカウンターの右フックもタイミングがあい始める。

ドヘニーは中盤左フックをガードの外から返してパンチの威力で上回る。

終盤もドヘニーのジャブからひっぱたくような左ショートが決まってしまう。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 8ラウンド

ドヘニーにプレッシャーをかける岩佐だが有効打を奪えない。

少しバテてきた感のあるドヘニーだが足はしっかり動いており懐が深い。

岩佐は中盤クリンチに来るドヘニーに左右ボディを当ててスタミナを奪うなど弱点を見逃さない。

 

 9ラウンド

ドヘニーはいきなりの左リードを当ててタイミングのうまさを見せる。

中盤岩佐の打ち終わりに左をコツンと当ててくるドヘニーはバテながらも当てるのがかなりうまい。

岩佐は終盤入り際に左ショートを当てて積極性でも上回るがポイントは微妙だ。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

岩佐はドヘニーと相打ちのジャブで自分のだけ当てて上下に打ち分ける。

岩佐は積極的にワンツーを放つがドヘニーも必ず打ち返してペースを渡さない。

中盤ドヘニーの左リードをクリーンにもらう岩佐だが打ち終わりにボディをカウンターしてスタミナを奪う。

 

11ラウンド

岩佐はドヘニーの打ち終わりにボディをコツコツ当ててボディを増やす。

中盤ドヘニーのジャブに左ストレートを当てて少し効いたドヘニーは下がるがのらりくらりとかわされてしまう。

終盤さらにロングの左を当てるがドヘニーはすぐにクリンチで逃げて詰めさせない。

 

12ラウンド

岩佐は前に出てドヘニーは上から覆いかぶさるようにクリンチする。

ドヘニーは中盤ひっついて連打を放ってはクリンチして岩佐に手を出させないうまい攻撃。

岩佐は中盤ドヘニーの入り際に左ショートを当てるがすぐにクリンチされてしまう。

お互いに決定打がどうしても出ないままゴングが鳴る。

 

判定は116-112.115-113.117-112の3-0でドヘニー!!

ちなみに僕は115-113でドヘニーでした!!

www.boxsharpjab.com

 

 

所感

 

ドヘニーやっぱうまくね?

 

岩佐の試合を見ていていつも思うけどこの選手は基本的に追い込まれないと接近戦で手を出さない。悪く言うと必死さが足りないと言うか、勝ち切るための泥臭さがあまり感じられない。

 

ドヘニーは対照的でクリンチしようが相打ちだろうがバテようが勝つためにあらゆる手段を使ってくるし、教科書にはない部分が卓越してうまい。

 

セサール・フアレス戦でなりふり構わないガッツを見せてくれた岩佐だけどローマンvs.ドヘニーの勝者に挑戦するならメンタル面での成長もかなり必要かも。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com