ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

何回やってもこうなるのでは!?マニー・パッキャオvs.ファン・マヌエル・マルケス3

こんにちは管理人です。

今日は2011年アメリカで行われたWBO世界ウェルター級タイトルマッチ

王者マニー・パッキャオvs.ファン・マヌエル・マルケスの一戦です!!

f:id:TBT:20190225145310j:image

www.boxsharpjab.com

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

この試合はパッキャオの3度目の防衛戦。両者の試合は3度目で過去はフェザー級とスーパーフェザー級で行われておりパッキャオの1勝1引き分けでいずれも接戦です。

パッキャオはいずれの試合でもマルケスからダウンを奪いながらタフなテクニシャンのマルケスに大苦戦。マルケスのカウンターの前に思うように踏み込めないことが多いですが今回はパッキャオの土俵のウェルター級でマルケスがライト級から上げてくることもあって優位が予想されていました。

マルケスはフェザー級からライト級を制した3階級制覇王者。パッキャオの天敵として知られており距離感を生かしたカウンターで過去二度苦戦を強いて自身の勝利を主張。ウェルター級までパッキャオを追いかけてきました。

 

そしてこの試合はパッキャオがまたも大苦戦。マルケスのやりにくさにしてやられて何度もヒットを許しますが手数で押し切りなんとか僅差判定はパッキャオへ。しかし大半のファンはマルケスの勝利を推しておりパッキャオには大きなブーイングが注がれました!!

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

パッキャオは小刻みに体を振りながらマルケスの入り際にジャブをついてカウンターを警戒してあまり踏み込まない。

マルケスは間合いを保って左フックのリードなどを打ってパッキャオの打ち終わりにジャブを当てる。

終盤パッキャオの力みのない左がマルケスを捉える。マルケスは右フックを大振りで繰り出すなど正攻法では来ない。

 

2ラウンド

パッキャオは前進してワンツーを放つがマルケスは徹底して打ち終わりにカウンターを狙う。

マルケスは中盤長い間合いからワンツーを放って右が浅く当たる。

残り1分マルケスが踏み込んで放った右ボディと左アッパーがヒット!このあたりはかなりうまい。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

3ラウンド

序盤パッキャオのジャブにマルケスが左アッパーを合わせてパッキャオはめちゃくちゃやりにくそうだ。

打ち終わりにはジャブを当ててパッキャオが来ないと見ると左ボディ、ワンツーをガードの上から放つ。

パッキャオは明らかに手数が衰え、カウンターを警戒している。

しかし終了間際にはマルケスのジャブに右フックをカウンターでヒットさせる。

www.boxsharpjab.com

 

4ラウンド

パッキャオは鋭い左で踏み込んで圧力を強める。

マルケスはガードの外から飛んでくるような右フックを狙っており、中盤右ボディを当てる。

マルケスはコツコツボディにヒットを重ねてパッキャオは力みのない左ストレートをヒットさせる。

 

 5ラウンド

マルケスは手を出してこないパッキャオに左右ボディを放ってヒットを奪う。

ラウンド1分過ぎには左アッパーを当ててパッキャオの踏み込みはさっとかわす。

中盤にも左アッパーから右ストレートにつなげて動き出しを狙ったジャブも冴える。

終盤にはジャブに合わせた右ストレートでパッキャオをのけぞらせてこの試合最高のパンチを放つ。

 

 6ラウンド

マルケスはジャブを当てて両者は手数が少なく間合いをキープする。

パッキャオは1分過ぎ左をヒットしてマルケスはボディを返して譲らない。

中盤ロープに下がりながらマルケスが右を当てるがパッキャオも即座にハードな左を返してカウンターの取り合いとなる。

パッキャオは終盤左をボディに伸ばしてヒット。

www.boxsharpjab.com

 

 7ラウンド

マルケスは序盤下がるパッキャオに右ロングフックをヒット!

中盤マルケスは左ボディを当ててパッキャオの踏み込みに左フックを合わせる。

終盤左ボディから右を顔面に返してタイミングの良い右がパッキャオを捉える。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 8ラウンド

パッキャオは深く踏み込んで右フックを浅く当てるがマルケスは左ボディを返す。

中盤接近戦でマルケスの右アッパーが決まって右ボディを当ててパッキャオの踏み込みを封じる。

終盤にも右リードを動き出しに当ててジャブで顔を弾くなどパッキャオの動きを掌握する。

 

 9ラウンド

パッキャオは左リードで踏み込むなど工夫するがマルケスは左右ボディから顔面にワンツーを返してコンビネーションを当てる。

パッキャオは終盤左を当てるがマルケスも即座に右を返して左ボディ、左アッパーに返すなどパッキャオの攻撃に応じる。

www.boxsharpjab.com

 

 10ラウンド

マルケスはサイドに回りながら右を放ってこれが当たる。

パッキャオは左アッパーを放つなどポイントを気にしてか手数が少し増える。

パッキャオは終盤右フックを踏み込みながらヒットしてマルケスのボディに右フックを合わせる。

 

11ラウンド

マルケスはパッキャオの左をダッキングでかわしてパッキャオはボディを狙う。

マルケスは入り際に左アッパーを狙い、パッキャオは中盤右フックをカウンターでヒットする。

 

12ラウンド

マルケスは間合いを保ちながら中盤アッパーから右ストレートのコンビネーションを放つ。

お互いにカウンターを警戒しており、ダメージングブローが出ないまま試合は終了する。

 

判定は115-113.114-114.116-112の2-0でパッキャオ!!

ちなみに僕は115-113でマルケスでした!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

採点難しすぎやろ…

 

この試合に関してはマジで採点難しかった。たとえたらジャーメイン・テイラーvs.コーリー・スピンクス戦ぐらい採点するの難しいなと思いましたね笑笑。

 

マルケスは徹底的にカウンター作戦。パッキャオの踏み込みに合わせて左右フック、左アッパーを放って手を出してこなくなると遠い間合いからボディ。これはかなりハマってましたな。

 

パッキャオも終盤盛り返してきましたけど個人的にはマルケスのヒットがこの試合は上手だったかなと。4戦目で白黒つきますけど個人的にはマルケスの勝ち越しかな笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com