ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

小西伶弥vs.フェリックス・アルバラード決定!クロッティ引退!updates!

西日本の新鋭と呼べる小西伶弥さん。2度目の世界挑戦が5月19日に日本の神戸で開催されます。

f:id:TBT:20190311100552j:image

 

www.boxsharpjab.com

 

(海外ボクシングを見るならWOWOW)

相手はIBFライトフライ級チャンピオンのフェリックス・アルバラード。かつて日本で井岡一翔の持つWBA王座に挑んで驚異的なタフさと強打で井岡を大いに苦戦させたニカラグアの英雄です。

 

 

アルバラードは昨年敵地フィリピンでランディー・ペダルコリンを 7ラウンドにKOして3度目の挑戦にして王座を獲得。フライ級でもレベコに敗れておりますが世界戦以外での敗北はまだありません。

 

ちなみにアルバラードは現在かつてかのアレクシス・アルゲリョのコーナーに座ったルイス・コルテスさんの指導を仰いでいるそうですね。昨年のニカラグア人で最も優秀なファイター・オブ・ザ・イヤーに選ばられたそうで、その強打と敵地でも問題なく勝ち抜く力で長期政権を築くのではないかと予想されています。

 

小西は昨年1月にWBAレギュラー王者のカルロス・カニサレスに挑んで判定負け。3ラウンドにダウンを奪われたものの、そこから巻き返して大きなハートを見せておりますな。

 

ミニマム級出身であること、アルバラードのパワーには敵わないことを鑑みると苦しい試合になると思いますが頑張ってほしいな。

www.boxsharpjab.com

 

続いて元IBFウェルター級王者でガーナの至宝と言われたレジェンドのジョシュア・クロッティさん。先週末ガーナのアクラで復帰戦を行い 6ラウンドTKO勝ち。そして39勝5敗、22KOの戦績を残して引退を発表しました。

 

 

クロッティは2015年にアメリカのターニングストーン・カジノでガブリエル・ロサドに判定負けを喫して以来リングに上がっておらず41歳にして現役に幕を下ろしています。

 

"この試合をファンのためにやったんだよ。俺の旅路をずっとサポートしてくれていたからね。俺はサイドに動きながらパンチを打っていたんだけどそれがよく機能したし、まだまだ若い奴には負けないと確かめられたよ。これが俺の最後の試合だなんてサプライズだね。ベストと戦って引退できて幸せだし、このスポーツの一場面を作ることができた。世界タイトルを獲得できたことは嬉しいし、多くのビッグネームと対戦することもできたよ。メディアはまだ俺が引退すべきではないと思うかもしれないけど、今俺は引退したんだ。"

 

クロッティさんのコット戦はかなり接戦やったし、パッキャオ戦での打たれ強さは凄まじかったな。お疲れ様でした!

 

海外ボクシングの試合を見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは下記のリンクからどうぞ!! (海外ボクシングを見るならWOWOW)

www.boxsharpjab.com