ノッティングヒルの日記人

映画、ボクシング、音楽などの感想を徒然なるままに…

センテロっていい選手だよな〜。えぇ…ジャーモル・チャーロ vs.ウーゴ・センテロ

こんにちは管理人です。

今日は2018年アメリカで行われたWBC世界ミドル級暫定王座決定戦

ジャーモル・チャーロ vs.ウーゴ・センテロの一戦です!!

f:id:TBT:20190224183219j:image

www.boxsharpjab.com

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

この試合はゴロフキンがカネロとのリマッチに進むために設けられた王座ですね!

チャーロは元IBFスーパーウェルター級王者でフィジカルモンスター。スーパーウェルター級とは思えないほどの強靭なフィジカルとパンチ力を持ち、一撃で相手を沈めてしまえる期待感抜群の無敗の選手です。

センテロはソリッドなコンテンダーでジェイコブスとのちに対戦するスレッキには最終ラウンドTKO負けを食らったもののそれ以外の試合では全ての試合で勝利。元スーパーウェルター級であるもののチャーロよりも長期間ミドル級で戦っています。

 

しかしこの試合はチャーロが2ラウンドでセンテロを粉砕…左フックをまともに浴びたセンテロは失神して10カウントを聞くチャーロの強さばかりが際立つ内容となりました…

 

それではこの試合を振り返ります!!

www.boxsharpjab.com

 

試合経過

 

 

1ラウンド

センテロは常にサイドに動きながらロングレンジを保ってジャブをつく当て逃げ作戦。

チャーロはジリジリ距離を詰めて相打ちのタイミングでジャブを出す。

センテロはジャブをつきながらすぐにクリンチしてチャーロ正面に決して立たない。

チャーロはワンツーを放つがセンテロはよく反応してダッキングでかわす。

 

(WOWOWのお申込みはこちらから)

 

2ラウンド

チャーロはやや強引に距離を詰めてガードを固めて追い詰める。

そして接近戦で右フックを強振して下がるセンテロに追撃のジャブ、さらにセンテロのアッパーをかわして右フック。これはかわすもののチャーロの頭に思いっきりバッティングしてしまうセンテロ。動きが止まったところにチャーロが右フック、左フック!!さらに追撃の右打ちおろしでセンテロはロープ下に仰向けに落下するダウン!!失神したようで首だけ上を向きながら10カウントを聞いた!!

www.boxsharpjab.com

 

所感

 

 

バッティングが1番効いたんじゃね…

 

って思うくらいバッティングの影響はデカかった。似たような試合にケンドール・ホルトvs.リカルド・トーレスがあるけどああいうのは決めたもん勝ちだからな笑笑。

 

センテロはかなり頑張っていたけどチャーロが少し圧力を強めたら一気に崩れちゃいましたね。この人のパワーは本当に凄まじい。

 

サウスポーが苦手ということでアンドラーデとはかなり苦しいかなと思うけどゴロフキン相手なら結構いけるんじゃないかな?ゴロフキンもうDAZNに行っちゃったけど笑笑。

 

海外ボクシングを見るならWOWOWがおすすめです!お申し込みは以下のリンクからどうぞ! (WOWOWのお申込みはこちらから)

www.boxsharpjab.com